FC2ブログ

屋根部屋と妄想と私

「屋根部屋のプリンス」の二次小説を中心に綴っていきます。★勝手にドラマの続きを書いていますが、韓国の歴史、慣習に詳しくない書き手が書いてますので、なんか、変?と思ったらこっそり連絡ください。★R18作品はパスワードが必要です。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ← お礼画像と、時々SS 掲載してます。
↑↑↑
豚だよ!のしるしにポチッとよろしく!



↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  

PageTop▲










生まれ変わっても 58

生まれ変わっても -朝鮮編-

テヨンは、ソ・ヒョンドク堤調チェジョを伴い恵民署ヘミンソを訪れていた。

遂に死者が出たと報告があったからである。

間に合わなかった。
一人の犠牲者も出したくなかった。

テヨンは悔やむが、既に重症化していた者達の中から死者が出ることは、予測の範疇にあった。
それでも、現代人のテヨンにはもどかしさが募る。


ワクチンがあれば・・・
現代医療を施すことができれば・・・


「チョハ。恐れながら・・・嘆いてばかりはおられませぬぞ。」

ヒョンドクの言う通りなのだ。
後悔した所で死者は甦りはしない。これ以上の犠牲を出さないことの方が、今は重要だ。

「・・・分かっておる。」

国を総べ、守ることの責任が、今更ながらにその肩にのしかかる。


イ・ガク
死ぬな。・・・死ぬなよ。


彼は死にはしない。必ず王になる。

例え史実がそのことを証明していても、テヨンはその生還を願わざるを得なかったのである。


***


恵民署には、内医院ネイウォンから多くの人材が派遣されていた。
食糧も、薬剤も届けられた。
その為、病人の世話に当たる者達も、回復に向かっている病人達も、十分な休息と栄養を補給できるようになっていた。
栄養不足と過労による免疫力低下は、罹患のリスクを高め、重症化と合併症を招く。
その懸念が少しでも解消されたことに、テヨンは少しほっとしていた。

「チョハ。こちらの煎じ薬をお召し上がりください。」

ヒョンドクは薬湯の入った器を差し出す。

「これは、何だ?」

クンクンと匂いを嗅いだ。
まさか、毒を盛られるなどとは思いもしないが、得体の知れない物を飲むわけにもいかない。

芫荽コス(げんすい)を煎じた薬湯にございます。」

「芫荽?」

かすかにではあるが、独特な匂いがしている。
何処かで嗅いだことがあるような・・・。

「はい。麻疹の初期に用いれば重症化が防げ、まだ病を得ていない者には予防となります。
さすがは王宮の内医院ですな。もしやと思い調べてみれば、多少の備蓄がございました。」

なかなかに、手に入れるのは難しいらしい。
王と王族を守る内医院だからこそ備蓄されていたのだ。

ヒョンドクによれば、恵民署で従事している者、また初期症状の者にも飲ませたということだった。

「これが、麻疹に効くと言う薬剤か?」

「御意。」

「分かった。飲もう。」

テヨンはぐっと飲み干した。

口の中で広がる独特な匂い。
これは、好き嫌いに分かれそうだ。
薬を好きだと言う者もいないかも知れないが・・・
嫌いであっても薬ならば、と言うところだろう。

「ここを訪れる前に、できるだけ多くの芫荽を手に入れるよう、香辛料問屋に申し付けて参りました。」

「香辛料問屋?」

薬剤を?
香辛料問屋にか?

「芫荽は紛れもない生薬ではございますが、清国では、香草として料理にも用いられるのです。清国の商人につてを持つ香辛料問屋が、乾燥された芫荽を仕入れて参ります。」

なるほど。医食同源は漢方の基本。

ん?

香草?
この匂い・・・。

そうか!
これは、パクチーか!

「・・・チョハ?如何なされました?」

「いや・・・
して、その芫荽はいつ届く?」

「早ければ三日後に。」

「・・・そうか。王宮の芫荽は、まだあるのか?」

「芫荽は、既に重症化した者には使えませぬ。
まだ病を得る前の者、或いは病を得て間もない者にしか、その効果が期待できぬのです。
つまり、予防に使うと言うことではありますが・・・
内医院の備蓄だけでは、十分な量を確保はできませぬ。」

今ある物で賄えるなら、わざわざ清国から取り寄せなくても良かったのだろうが、予防に使うなら大量に必要になるに違いない。
今、正に苦しんでいる者達も救ってやらねばならないが、蔓延するのを防ぐのは重要なことだ。

「今、あるだけの芫荽を持って、発生源の村に参る。
清国から新たな芫荽が届き次第、民に配ることにしよう。
栄養状態の悪い者には食料も一緒に与える。」

王世子の言葉にヒョンドクは頷いた。

「その香辛料問屋には、継続して芫荽を持ち帰らせるのだ。」

「御意。」

香辛料、香草の類は漢方薬としても多く使われている。
パクチーにそんな効能があったとは・・・

現代医療が施せなくとも、知識さえあれば、病には勝てる。
いや、勝たなければならない。


必ず、勝ってみせる。


王世子イ・ガク、君ならきっと、そう言うのだろう?


テヨンは空を見上げた。











300年前にパクチーだって!?
どっかで聞いたフレーズですねぇ。(笑)
楽しんで頂けましたら、ポチッとヨロシクです。(=゚ω゚)ノ
 ↓↓↓

にほんブログ村


えーっと
いろいろ、補足でございます。
まず、パクチーは生薬としても用いられ、その生薬名を「芫荽」と書き、日本語では(げんすい)と読みます。
実際に麻疹の治療に用いられるそうです。
ただし、作中にも書きましたが、初期症状のうちにしか使えません。麻疹特有の発疹が表れている患者には使ってはいけないそうです。

56話で、ソ・ヒョンドク堤調が、「医術書には載ってない」「清国の民間伝承」と言ってるんですが・・・
いや、漢方の生薬としてガンガン用いられてたと思います。(汗)
そのことを書いた時には、パクチーが麻疹の治療薬として使われてた、なんて知らなかったんです。(汗)
だから、「麻疹に効く薬剤は、私の創作」なんてことも書いてたんです。
(実際には、その生薬があったんですね。)

当初、全く別の物を薬剤として用いようと思っていました。香辛料問屋に仕入れに行かせるのも、それの予定でした。
(ちなみに、それは陳皮にしようと思ってたんですけどね。)

パクチーが麻疹の治療に使われているなら、これを書かないわけにはいかぬ!と思ったわけですが・・・
最初は知らないで書いてたので、お話の整合性が取れていない部分が多々あります。
(ま、今に始まったこっちゃないですけど。汗)

いろいろ無理矢理な部分は、大目に見てやってください。m(__)m

「難攻不落の城」に着手した時、このお話までは書きたい!と思っていましたので、本日UPできて嬉しいです。

これから、ホントにキリン化期に突入です。(スミマセン)
皆さん、元気でいてくださいね。m(__)m


にほんブログ村

スポンサーサイト

 ← お礼画像と、時々SS 掲載してます。
↑↑↑
豚だよ!のしるしにポチッとよろしく!



↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  

PageTop▲










ジャンル違いではありますが・・・

お知らせ

あんにょん。

皆様、お元気ですか?
私は元気ですよん。

今日は、お友達のブログに作品を寄稿させて頂いたので、そのお知らせです。

ところで
皆さんは、二次小説をどんな風に楽しんでいらっしゃいますか?

「二次小説」と言うのは「二次創作物」の中の一つのジャンルです。

「二次小説」の中にも、色々なジャンルがありますよね。
元ネタが、漫画だったり、アニメだったり、ドラマだったり、小説だったり・・・
ゲームを元に書かれる方もあるし、まあ、色々です。

私も、「二次小説」という言葉もなかった時代から、それっぽいものを書いてきました。
一番最初は中学生の頃だったなぁ。(遠い目)

その頃に影響を受けたものって、変わらず心の奥底に留まっていると思います。

特に、男の好みがね。(笑)

「屋根部屋」には、もちろん大人になって出会いましたが
私が描き出すテヨンは、中学生の頃に惚れ込んでいた男子にそっくり!(笑)
あ、言っときますけど、二次元の男子ですよ?

忘れられない男子が2名いまして(←おい!気が多いな!)
その二人を足して2で割ったようなのが、テヨンだったりします。
(イ・ガクも含めれば3なのか?)

で、そのうちの一人は、自分で二次を書いてます。
(長らく放置状態ですけども

もう一人は、別の方の二次を読みに行ってます。
その二次作家さんは、とても筆力があって、人柄も良くて、尊敬しているんですけれど・・・
ひょんなことから、私も、その「もう一人」の二次を書くことになりまして・・・

この度、そちらのブログ様に寄稿させて頂きました!

すみません、前振りが長くて。

このブログでも、度々、紹介をさせて頂いている「なんて素敵にジャパネスク」の二次小説ブログに、寄稿させて頂きました。
私と同世代の読者さんが多いので、「なんて素敵にジャパネスク」の書名に覚えがある方も、多いのではないでしょうか?

そちらのブログ【「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ】の
管理人の瑞月さんは、私が尊敬する二次小説作家さんであり、大切なお友達でもあります。

今回、瑞月さんの作品の続き?を書かせて頂いたので、三次小説ということになろうかと思います。

ご興味のある方は、是非、訪問してみてください!
素敵な作品がいっぱいです!

もうね、高彬がね、ウリテヨンと被るんですよね!
イニシャルも同じ T だし・・・。


「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ(←クリックしてGO!GO!)


 ← お礼画像と、時々SS 掲載してます。
↑↑↑
豚だよ!のしるしにポチッとよろしく!



↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  

PageTop▲










拍手コメントのお返事と、あとがきもどき

お礼

あんにょん。

久々の連載、お付き合いありがとうございました。m(__)m

「難攻不落の城」は如何だったでしょうか?
城攻めが仕事なんて言いながら、
テヨンが攻める前に終わってしまっているんですけど・・・(汗)
元々は「初めてのパーティー」がテーマだったはずなのに・・・
1年以上も暖めているうちに、熟成が進んでいたようです。(笑)

連載を終えると、特に今回のような連日連投祭りをやってると、
ハイの状態になるって言うか・・・
今、祭りの後の清々しさと、寂しさを感じています。

テヨンの活躍も書いてやりたいけど、それはまた何時かのお楽しみで。
(確約はしませんよ~)

この下の拍手ボタンに、おまけの小話を置いておきますので、
ぽちっとしてお楽しみください。m(__)m


以下は拍手コメントへのお返事です。

み****さま
いやーん!テヨンさま素敵、でした?
上半身、裸ですよ!眼福ですよね、きっと。o(≧ω≦)o

ミ**さま
いつもありがとうございます。
パッカが魅力的に書けていたなら嬉しいです。
パッカに裏が無さすぎて、テヨンにも裏が無さすぎて、会長も感じることがあったのでしょうね。
年末も近付いてきて、溜め込んだ事務処理も気になって来ました。(汗)
またキリン化期ですが、気長にお付き合いください。m(__)m

す*さま
スミマセン、終わりなんです。m(__)m
もっと読みたいと思って頂けて、嬉しいです。
ありがとうございます。m(__)m

星***さま
ご感想メールありがとうございました。
楽しんで頂けて嬉しいです。
また、キリン化期突入です。(汗)
またワクワクして頂けるよう、頑張ります。m(__)m


ポチッとヨロシク。
 ↓↓↓

にほんブログ村


にほんブログ村

こちらをクリックして、おまけの小話もお楽しみください。
 ↓↓↓
 ← お礼画像と、時々SS 掲載してます。
↑↑↑
豚だよ!のしるしにポチッとよろしく!



↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  

PageTop▲










難攻不落の城 11 (最終話)

難攻不落の城

「じゃあ、決まりね。
その時に、わたくしを納得させる資料を持っていらっしゃい。」

え?

「資料と仰るのは・・・」

「H&S社は、ウチと契約したがってると聞いているけれど・・・
違ったかしら?」

会長は分かりきったことを確認してくる。

確かにそれは事実には違いないが、パッカへの「お礼」は「ジュースを飲みに行くこと」のはずで・・・。

さすがに驚きが顔に出てしまったようだ。

「パク・ハさんへのお礼は違うはずなのに?と思っているのね?」

「はい。」

「それはそれ、これはこれ、よ。」

そう言って悪戯っぽく笑う。

「わたくしは、何がなんでも今までと同じにしないといけないとは思っていないわ。
世の中は変わっていくものだともよく知ってる。
ただ、四百年間も守ってきたものを簡単に変えたり、むやみに大きくするのも違うでしょう?」

「はい、仰る通りです。」

「先人が大切にしてきたものを大切に思っているのは、あなたも同じだと思ったけれど?
韓服姿の婚約者を、ただ、綺麗だ、とだけ即答したあなたなら、ね。」

チョン会長は僕をじっと見た。

「私の・・・
いいえ、先人達の期待に応える資料を見せて頂戴ね。」

「分かりました。精一杯、努力いたします。」

「明日を楽しみにしているわよ?」

そう言い残すと、チョン・ウォンスク会長は、他の客人につかまっていたパッカに、にこやかに挨拶をして去っていった。

その時一人の女性がパッカの側を離れ、会長に付き従って行くのが見えた。
さりげなく、彼女の側に自分の秘書を置いていたらしい。


さすがだな。
僕は、顔を見るつもりでいただけだったのに・・・


小さく溜息を吐き、肩の力を抜く。

「難攻不落」の会長。

誰も越えることのできなかったその城壁を、パッカはいともたやすく越えてしまった。

とんでもない宿題をもらったものだ。
でも、やるしかない。
ここからは、僕の手腕が問われる。


「難攻不落の城」攻めは、最初から僕の仕事だったはずだ。

だけど、その牙城を崩すための突破口を開いたのは、僕じゃない。


パッカがくれたこのチャンス。
必ずモノにしてやる!


決意も固くそんな風に思ったけれど・・・
ひょっとして
これもピョ・テクス社長の戦略の内だったのだろうか?

チョン会長もだけど・・・
ウチの社長も、喰えない人だ。

と、そう思った。



***



盛大なパーティも無事にお開きとなった。

帰ろうとしたところで、またもやチョン・ウヌ社長に捕まってしまった。
僕は、今度こそ、パッカを社長に紹介した。
この人の祖母であるチョン会長が、冗談だと言いながらパッカを「嫁に欲しい」なんて言うから、牽制の意味も存分に込めてやった。

「いや、そうでしたか。貴女がヨン・テヨン本部長の?
韓服の綺麗なお嬢さんがいらっしゃると思っていましたが、
そうですか、ヨン本部長の!
こんな綺麗な方がご婚約者だとは、実に羨ましい。
しかもお二人はお似合いですね!」

相変わらずの調子の良さで誉めそやしてくる。
パッカは、ありがとうございます、と言ってはいるが若干引き気味だ。
無理もない。

「今日はありがとうございました。良いパーティーでしたね。
次は、商談の席でお会いしましょう。」

チョン社長はガシッと僕の両腕を掴んだ。

「ぜひ!よろしくお願いします!」

会長と僕とのやり取りを知っているのか、いないのか・・・


そうして、やっとのことで社長と別れ、パッカと二人で帰路に付いた。


僕達は、今日、運転手付きの車の後部座席に並んで座っている。
アルコールは、ほとんど口にしてはいないけれど、たまにはこういうのも悪くない。

「パッカ、今日はありがとう。疲れただろ?」

「そうね。少し、疲れたけど・・・楽しかったわ。」

パッカはそう言って、にっこりと微笑んだ。

「これからは、こんな機会が増えると思う。
また一緒に行ってくれるかな?」

嫌と言わせるつもりは、ないんだけどね・・・。

パッカはワザとらしく、うーん、なんて言って考える振りをしている。

「テヨンさんが一緒なら、いいわ。
ちゃんとエスコートしてくれるのよね?」

「もちろんだよ。」

運転手からは見えないように、そっと、パッカの手を取った。
そしてしっかりと握る。

彼女が、僕だけに微笑んでくれる。


本当は、僕がパッカにエスコートされているんだよ。
パッカが一緒ならば、きっと僕はどこへでも行ける。

何だって出来る気がするよ。


僕も、パッカに微笑み返した。




<おわり>










「難攻不落の城」これにて、一応、完結でございます。
城を攻める前ですが、「一応」終わりです。
続編を書き続けるには、あまりにも実生活に無理が生じそうで・・・
まあ、パッカ目線ぐらいはいくつか書くかもしれませんが、未定です。

皆様、お付き合いをありがとうございました。

ビバ!キリン化期!←おーい。

楽しんで頂けましたなら、ポチッとヨロシクです。m(__)m
 ↓↓↓

にほんブログ村


にほんブログ村


 ← お礼画像と、時々SS 掲載してます。
↑↑↑
豚だよ!のしるしにポチッとよろしく!



↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  

PageTop▲










難攻不落の城 10

難攻不落の城

会長は増々楽しそうにくすくすと笑いだした。

「彼女は、ジュースを飲みに来てくれ、と言ったのよ。」

そして、真顔になると僕の目を真っ直ぐにじっと見てくる。

「自分のジュースショップのジュースを飲んで欲しい、
気に入ったなら、何度でも来て欲しい、とそう言ったの。」

僕が社長と話している間に、パッカは会長とそんな話をしていたなんて・・・

「飲んでさえもらったら、その美味しさが分かるからって。
好みに合わないなら仕方ない、それが自分の実力です、なんて言うの。」

パッカ、何も知らないとは言え、すごい人にとんでもない営業をしてるな・・・

また違う汗が流れてくる。

「わたくしが、お礼をしたいと言ってるのよ?
H&S社との契約を持ち出してくるとばかり思っていたのに・・・
その為に孫たちを助けたんじゃないってことも、よく分かったわ。」

パッカらしい、と言えば、これほどパッカらしいことはない。

「韓服のこともね、彼女、
パーティーは初めてだから心配でお母様に相談した、
と正直に答えるのよ。
先人達が大切にしてきたものならば、きっと失礼になることはないはずだと思ったそうよ。」

そんな風に思って、美容院で着替えてたのか・・・。

「目先の新しいことにばかりに囚われず、いにしえからのものを大切にして、
自分の意思をきちんと添えている。
ジュースショップにしても・・・
その大小に関わりなく、自分の仕事に自信と誇りを持っているわね。
あなたはとても良いお嬢さんを見つけたようだわ。」

「はい。僕の一番大切な女性ヒトです。」

「私を『ハルモニ』と呼ぶのも新鮮だったわ。
できれば、ずっと近くでそう呼んでもらいたいんだけど・・・」

それは・・・やはり嫁に欲しいと言いたいのだろうか?
僕は渋い顔をしていたに違いない。

「冗談よ。」

会長はからかうような笑みを浮かべていた。

「そうそう、パク・ハさんに助けられたのはね、孫娘の方よ。
ひ孫が我儘を言って、蝶の髪飾りコチ  まで戴いてしまったの。
ごめんなさいね。」

そう言って、会長は僕に頭を下げたのだった。

そうか。
化粧室に居たって言う若い母親は・・・会長の孫娘だったんだ。


「ヨン本部長、明日はお時間あるかしら?」

会長は顔を上げるとにこりと笑った。

「明日ですか?」

「パク・ハさんが、ジュースを飲みに来てほしいと言うから、明日、お店に行く約束をしたのよ。
案内をお願いできる?」

ここで 断るなんて選択肢は、始めから無いだろう。
パッカが作ってくれた縁を無駄にはできない。
彼女にはその必要性は無かったが、僕には会長との関わりを持つ必要性があるのだから。

「はい、ぜひご一緒させて頂きます。」

チョン会長は満足げに頷いていた。












韓服は、男性が パヂ・チョゴリ 女性が チマ・チョゴリ です。
パヂはズボン、チマはスカートのことです。
因みにチョゴリは、上衣のことですが、女性のそれは丈が短めですね。

女性が装うとき、髪にかんざしを挿します。
ピニョとコチ、それぞれ「かんざし」と訳語があてられますが、日本のかんざしに近いのはピニョの方です。
コチはお団子ヘアに挿すピンのような感じです。


チマ・チョゴリ 参考画像
↓↓
チマチョゴリ


ピニョ 今回、パッカはピニョは使ってません。
↓↓
pinyo-13-1.jpg

朝鮮時代では、既婚女性が髪を結い上げてピニョを挿していました。
ドラマでも、世子嬪は髪を結っていたけれど、プヨンは長い三つ編みを垂らしてましたよね。


こちらがコチ(蝶のモチーフ) 画像は大きいですが、手の中に隠せるサイズです。
↓↓
cochi-4-3.jpg


パッカ、営業熱心でした。(笑)
テヨンにも頑張ってもらわねば!
クリックして応援をお願いします。(^^ゞ
 ↓↓↓

にほんブログ村


 ← お礼画像と、時々SS 掲載してます。
↑↑↑
豚だよ!のしるしにポチッとよろしく!



↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  

PageTop▲










Menu

プロフィール

ありちゃん

Author:ありちゃん
2014年「屋根部屋のプリンス」にはまった初心者ユチョペンが、妄想を繰り広げています。

更新情報

更新情報をつぶやいています。お気軽にフォローしてください。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場

Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。