FC2ブログ

プヨン Novel List


NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される
掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  スポンサー広告  

Edit] 

【 作品のご案内 】        --.--.-- ~  執筆

 スポンサーサイト 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

「短編集」
  読みきり  

*  プヨン  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2015.01.15 ~  執筆
年若い宮女(クンニョ)はその場でガタガタと震えていた。彼女はハッと我に返ると、額を床に擦り付けてひれ伏す。「チョハ!申し訳もござりませぬ!」「チョハ!大丈夫でございますか?」「大事ない。」宮女はイ・ガクに茶を淹れようとして、緊張のあまり、湯をこぼしてしまった。幸い彼に湯がかかることはなかったが、ファヨンは手拭いで拭おうとしている。「私にはかかっておらぬから気にするな。それよりも、そなたの手の方が真...

 나비(ナビ)‐蝶 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「短話シリーズ」
  明星  

プヨン  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2017.01.19 ~  執筆
その日、下女が刺繍糸を部屋に届けてくれた。「今日もご精が出ますね。いつ見ても本当に素晴らしい刺繍ばかりで。 お嬢様の器量でしたら、いくらでも幸せになれますのに・・・。」 古くから仕えてくれている下女が涙ぐむ。 「ありがとう。・・・泣かないで。仕方のない事なのだから。」私はそう答えるしかない。 女人として生まれたからには、名家に嫁ぎ、尽くし、家門を支えるのが務め。そう教えられて育った。 でも、顔に醜い火...

 たそがれ星 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。