FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 18

 ←『ありちゃんの妄想RADIO♪』第1回 →生まれ変わっても 19
驚き顔のテヨンと視線がぶつかり、パク・ハも、えっ、というような顔をした。

パク・ハにしてみれば、イ・ガクの部屋で休んでもらい、明日の朝には食事を作って共に食べ、会社に送り出そう、とそう思っただけで他意はなかったのだが、テヨンの表情を見て、彼がどう受け取ったかを一瞬にして理解した。
パク・ハの頬にみるみる赤みが差してくる。

「あ、えぇっと、ほら、部屋には着替えもあるし・・・。それに、だから、その・・・ああ、ここはあなたの家だし。それに・・・それに、もう遅いじゃない?」

パク・ハは狼狽えた様子で、言い訳めいたことを言う。

イ・ガクに、ここは誰の家だ?とよく言われてもいた。
テヨンの家と言うなら、確かに名義は彼なのだから間違ってもいない。
しかし、既に夜中であることは確かかも知れないが、自宅まで車を使いほんの十数分、しかも二十代半ばの男性が、これからこの家を後にしたからといって何の問題があるだろう。
テヨンを、男女の艶事を抜きにして泊める理由としては、あまりにも説得力に欠けている。

パク・ハは、ますます顔が火照ってくるのを感じた。
もちろん、テヨンに求められたからといって拒むことはあり得ないが、初めての夜を、彼女の方から誘った、などと思われたくなかった。
要するに、テヨンの方から誘って欲しい、彼の求めに応じたということにしたい、そういう女心だ。


テヨンは、うつむき加減で、ふっと笑った。

「大叔母様とね。朝食だけは一緒に摂るようにしてるんだ。」

パク・ハは、私よりもおば様?と思ったのが顔に出た。

「無断外泊なんてしようものなら、からかわれるだろうな。・・・たとえ、何もなくても、ね。」

テヨンは"たとえ" に力を込めて含みを持たせる。


僕を、泊めたりなんかしたら・・・・。


彼としては、パク・ハと深い関係になることを、当然、望んではいる。
最初は彼女に誘われたと思って、驚きもしたが、それならそれでいいとも思った。
しかし、真っ赤になって言い訳をする彼女を見れば、単に口を滑らせただけなのだと分かる。

初めて二人がキスを交わした時と同じ。勢いや流れで奪ってしまう男だと思われたくないのだ。
きちんとしたい、とそう思っている。

パク・ハが意図するようなイ・ガクの部屋に泊まるだけ、で済むとはテヨン自身は思っていない。

テヨンは更に続けた。

「僕はそんなの構いはしないけど?・・・君は、大叔母様の、あの、おしゃべり攻撃に耐えられる?」

テヨンが"あの" に力を込めたので、パク・ハは思わず吹き出した。
確かにソリなら、どこで何をしていたのか、と色々と詮索してくるに違いない。
ましてパク・ハの屋根部屋に泊まったと知れば、大喜びで二人をはやし立てそうだ。

「分かったわ。今夜は帰るのね?」

テヨンはソリのことを持ち出して、パク・ハに誘われたからそうなった、という既成事実を作ることを回避した。



玄関先で抱き合って、キスをした。

「遅いから、見送りはいいよ。きちんと戸締りして休んで。」

「ええ。ありがとう。」

テヨンは靴を履いて、パク・ハを振り返った。

「大叔母様が・・・」

また、おば様?

「今度、大叔母様が友達と旅行に行くと言ってる。・・・その時に、また、来るよ。だから、準備しておいて。」

テヨンは、じゃあ、また明日、と片手を挙げると屋根部屋を出て行った。

バタン。

パク・ハは呆然と立ち尽くす。

じ、じゅ、準備って、何の?・・・ど、どういう意味?
まさか、オムライスを準備しろってこと、なわけ・・・ないよね。
今度っていつよぉ!?



車を走らせながら、テヨンは、はあぁーっ、と溜息を吐いた。

惜しいことを、したかも知れない。
イ・ガクならどうした?・・はは・・・奴も、僕だ・・・。

「据え膳喰わぬは男の恥」とはよく言うが、据える前に下げさせたのはテヨン自身だ。
それは、テヨンの優しさか、はたまた、格好を付けたかっただけなのか・・・。

いずれにしろ、今度、ソリを確実に旅行へと追い出さなければならないことだけは、確かなようだ。

 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【『ありちゃんの妄想RADIO♪』第1回】へ
  • 【生まれ変わっても 19】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

イ・ガクと当たり前に暮らしてましたから、パク・ハにとっては自然に出た言葉でしょうね。
テヨン、別の意味で眠れぬ日々を過ごす羽目になるかもw
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【『ありちゃんの妄想RADIO♪』第1回】へ
  • 【生まれ変わっても 19】へ