FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 21

 ←拍手コメント(11/12~14)へのお礼 →拍手コメント(11/14~17)へのお礼
屋根部屋の下で車は停まった。

停車しても、すぐに会話を止めるわけではない。

「パッカ、ゆび・・・」

指輪しないの?と言いかけて、止めた。

初めて南山公園で会った時、彼女は指輪をしていた。次に会った時、いや、初めて会ったその日の別れ際にはもう、その指から外されていた。
テヨンは、それがイ・ガクから贈られたものだろうと思っていたし、自分に気を遣ってしなくなったのだろうとも、ずっと思っていた。最初は嫉妬していたが、今は、もう。

パク・ハは、ん?と言ってテヨンを見た。

「いや、そのネックレス、綺麗だね。翡翠だろ?」

パク・ハは自分の胸元を見た。

これは、とパク・ハが言うのへ、イ・ガクがくれた?とテヨンが続けた。

「ずっと着けてるなぁ、と思ってさ。」

テヨンが手を伸ばして、パク・ハの胸元の翡翠に触れた。
そして、彼女の肌の温もりをブラウス越しに感じて、あわててその手を引っ込める。
顔を赤らめて、ごめん、そんなつもりじゃ・・・と小さく呟いた。

「・・・思い出せないや。」

テヨンの言葉に、パク・ハはゆっくりと首を横に振る。

「テヨンさんは、テヨンさんよ。」

「イ・ガクは・・・僕は、君に何て言って、それを贈ったのかな?」

「これは・・・」

あの手紙を見つけた場所、芙蓉亭の石柱の下からチョハが取り出してくれたの。子供の時に隠した王貫子(オックァンジャ)だそうよ。三百年前からの、あなたからの贈り物よ。

パク・ハはシートベルトを外し、テヨンの方へ向き直ると、テヨンの首に両腕を絡めた。
そして、彼の耳元で囁く。

「結婚の証。」

「え?・・・僕たちは、結婚したの?」

「そうよ。」

パク・ハはテヨンから離れた。

「あなた、ひどいわよ。誓いのキスの後、消えちゃった。」

テヨンはテヨンだと言いながらも、イ・ガクに対する不満を彼にぶつけ、パク・ハは唇を尖らせた。

「目の前で消えて行くなんて。結婚式が最後まで終わる前に、花嫁を残して行くなんて。ひどい奴!」

パク・ハは両手とも拳を握って、笑いながら、テヨンにぶつけ始めた。
全然、痛くはないが、テヨンも、痛い、痛い、と言いながら笑って避ける。

「멍충이(モンチュンイ)!あんぽんたん!あんたなんか、嫌い。嫌いなんだからぁ・・・」

パク・ハの声が、涙声になってきて、終には大粒の涙をこぼし始めた。

嫌い、と言いながらテヨンを打ち続ける。
しかし、元々力が入っていない上に、更に力が抜けてきて、その動きも鈍くなってくる。

テヨンは、拳を握る彼女の両手首を掴んで止めた。
そのまま引き寄せて、自分の胸に彼女の顔を埋めさせる。

「ごめん、パッカ。僕が悪かった。」

パク・ハの背中に手を廻してしっかりと抱きしめ、髪に口づけを落とす。
彼女はテヨンの胸に取りすがって、おいおいと泣いた。

「淋しかったんだから。・・・あんぽんたん。・・・嫌いよ。」

溜めこんできた想いが堰を切ったように、涙と共に溢れ出た。

「ごめん、パッカ。・・・ごめん。」

すまぬ。パッカ。私が悪かった。すまぬ。

「あんたなんか嫌い。チョハなんか嫌いよ。テヨンさんなんか嫌い。」

嫌いでもよい。私がそなたを愛しておる。

「僕は愛してるよ。」

パク・ハが会話をしている相手は、テヨンなのか、イ・ガクなのか・・・。

パク・ハは溢れ出る感情のまま、泣き続けた。嫌い、と繰り返しながら。

彼は赤ん坊をあやしてでもいるように、パク・ハの背中に廻した手を、ぽん、ぽん、と優しくリズムを刻むように動かし続けた。

やがて、パク・ハはしゃくりあげながら、彼の顔を見上げた。
優しい微笑みに出会って、その手を伸ばして彼の首にすがりつく。

「嫌い。」

その言葉とは裏腹に、離れるのを恐れてでもいるように、パク・ハは腕に力を込めた。

「パッカ。・・・愛してる。」




おずおずと、パク・ハがテヨンの首からその腕を離し、シートに座り直した。

「落ち着いた?」

パク・ハは、前を向いたままこくんと頷いたかと思ったら、今度は俯いてしまった。

「一緒に上まで上がろうか?」

やはり、俯いたまま言葉もなく頷く。

テヨンは微笑んで、車を降りると助手席側に廻り込んだ。ドアを開け、パク・ハに手を差し出す。
彼女はその手を取ると、テヨンに助けられて車を降りた。

そのまま、テヨンに支えられるようにして、屋根部屋へ続く階段を昇る。

家のドアの前まで来た時、テヨンはロック解除の暗証番号を思い出そうとして考えたが、やはり思い出せなかった。パク・ハが隣から手を伸ばす。

ピッピ、ピ、ピッ、ピーーッ。ガチャ。



リビングのソファにパク・ハを座らせる。

「何か飲む?」

テヨンが飲み物を探そうとキッチンへ向かおうとした時、パク・ハがテヨンの上着の裾を掴んだ。

「傍に、いて。」

テヨンは、パク・ハの隣に座った。
パク・ハは、またテヨンの首にすがりつく。

「もう消えない?」

「傍に居るよ。もう、消えたりしない。僕たちは同じ時代に生きてるじゃないか。」

「大好きよ。」

「あれ?嫌いなんじゃなかったの?」

テヨンの軽やかな笑い声を聞いて、やっと、パク・ハがその手を緩めた。

「愛してるわ。」

「じゃあ、僕は嫌いだ。」

ひどぉい、とパク・ハがまた唇を尖らせたので、テヨンは、ちゅっとキスをした。

尖らせたら、キスするって言っただろ?とテヨンが笑う。
キスしたくなるとは言ったけど、するとは言わなかったじゃない?パク・ハはそう言って、わざと口を突き出した。そのまま、ソファの上を這うように逃げようとする。それをテヨンが追いかける。

二人できゃあきゃあ言いながらじゃれ合った。


ひとしきり笑い合った後、テヨンが立ち上がった。

「もう、遅いから、帰るよ。きちんと戸締りして休んで。」

「やだ。帰らないで。」

後ろからパク・ハが抱きついて彼を止めた。

 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【拍手コメント(11/12~14)へのお礼】へ
  • 【拍手コメント(11/14~17)へのお礼】へ

~ Comment ~

NoTitle

テヨンさんと、パッカのラブラブ~♪
とても、嬉しいです。これで、チョハも、報われる~!!(T_T)(嬉し泣き)

Re: NoTitle

きいこ様
コメありがとうございます。
ラブラブな二人は、書いててもとても嬉しいです。w
今後の二人も応援してやってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 自分の存在

お互いに遠慮が無くなったと言いますか・・・。
心を曝け出せてこそ、次は・・・。
テヨンは、成長したと思います。ますます、いい男になりますよ。w
書きながらにやける私は、やはり、変な人。(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

か****さま

本当に、ストレートに"好き"しか伝わってこない二人ですよね。w
甘えんぼパッカがかわいくて、無意識にテヨンを煽る、煽る・・・。ww
テヨンが妄想を実行に移すのは、いつか・・・私も知りません。(な訳ないですけど・・・)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【拍手コメント(11/12~14)へのお礼】へ
  • 【拍手コメント(11/14~17)へのお礼】へ