FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 23

 ←生まれ変わっても 22 →拍手コメント(11/17~20)へのお礼
カラン、と来客を告げる鐘の音が鳴った。

パク・ハは顔を上げ、元気よく、いらっしゃいませ、と声を掛ける。

「パッカ。今日はミックスジュース、二つね。」

入ってきたのはソリだった。後ろにサラリーマン風の男性もいる。

はい、とにこやかに返事をすると、パク・ハはジューサーを動かした。
待っている間、ソリはひっきりなしにしゃべり続けた。

この人はね、テヨンの部下のキムチーム長よ。イケメンでしょ?
今度ね、お友達と旅行に行くんだけど、ああ、パッカにも、お土産買ってくるわね。
・・・それで、何だったけ?
ああ、そうそう、テヨンがね、その旅行の段取りをしてくれるって言ってくれたんだけど、
それが、実は仕事がらみだったのよぉ。
キムチーム長が企画するパッケージ旅行のね、モニターをしてくれって。
今日はね、その打ち合わせをしてたの。
もう、会社に帰るって言うから、おいしいジュースを飲ませるって言って、連れてきたのよ。

ありがとうございます、と言ってパク・ハはジュースのカップを差し出した。
ソリは、振り向いてチーム長にカップを渡しながら、微笑んだ。

「このコは、パク・ハっていうの。将来のうちの嫁よ。」

えっとパク・ハが驚く。
ソリに"嫁" と言われるのは初めてではない。ソリ独りがそう思ってくれる分には、嬉しさもあって否定はしてこなかった。しかし、人にそう紹介されたのは初めてで戸惑ってしまう。まして相手はテヨンの部下だ。

「そうなんですか?・・・では、本部長の?」

「そう、テヨンの。・・・かわいいでしょ?」

「ええ、綺麗なお嬢さんですね。こんな素敵なご婚約者がおられたとは、本部長も隅に置けませんね。」

パク・ハは、違います、という言葉を飲み込んだ。そうありたいという願望が、彼女に否定の言葉を隠させた。


キムチーム長は、パク・ハの方を向くと姿勢を正した。

「ヨン本部長の下でチーム長をしております、キム・サンホンと申します。よろしくお願い致します。」

深々と頭を下げられて、パク・ハも頭を下げる。

「パッカ、リンゴジュースも作って。・・・キムチーム長、テヨンに持って行ってやってよ。」

パク・ハはあたふたとリンゴを手に取った。


紙袋にリンゴジュースのカップを入れて差し出す。ソリが受け取り、お願いね、とチーム長に渡した。

「パッカ。再来週の火曜日から三泊四日の予定なの。留守の間、テヨンをよろしくね。」

「はい。楽しんできてください。」

ありがとう、とにこやかに去って行くソリとチーム長の後ろ姿に、パク・ハも、ありがとうございます、と声を掛け見送った。


カラン。


再来週、か。・・・よろしくって・・・何をよろしくなの?
テヨンさんが何か言ったの?・・・何かって、何を言うのよ。
・・・そう言えば、昨夜のテヨンさんの外泊のことも何も言われなかったわ。

ソリが、昨夜テヨンは出張に行ったので帰ってこなかった、と思い込んでいることを知ろうはずもないパク・ハは、ソリが何気なく言った言葉にも想像をたくましくして、その頬を赤らめた。




ノックの音がした。

テヨンが声を掛けると、キムチーム長が入ってきた。

「本部長、企画書です。」

テヨンは書類を手に取りパラパラと捲った。

「うまく、いきそうですか?社長も期待しています。」

本当は、期待ではなく、ヒットさせろとの命令だが、そうは言わなかった。

「はい。奥様方もお喜びのようです。後は現地でご意見を伺いながら、細かいところを修正していきたいと思います。」

キムチーム長が手応えを感じているのなら大丈夫だろう、とテヨンは思った。
それから、日程、宿泊先、観光施設など、企画内容の細かい報告を受けた。

「これを本部長にと、預かってきました。」

見覚えのある柄の紙袋を渡される。

「綺麗な方ですね。ご婚約者がおられたとは、知りませんでしたよ。」

え?婚約者?

「・・パッ・・・パク・ハさんの店に行ったんですか?・・・大叔母と?」

「はい。ジュースをご馳走になりました。」

では、と言ってキムチーム長はオフィスを出ていった。

・・・婚約者、か。

テヨンのその両頬が緩む。
頭を振って、両手でぺちぺちと頬を叩いてみるが、引き締めることはできなかった。




空港に向かう車中で、ソリとその友人は後部座席でおしゃべりをしていた。
ソリは自分の運転手付きの車で行くと言ったが、テヨンが送ると言って車を出した。
そのぐらいはしないと、キムチーム長に申し訳ないような気がして。


ふと、友人とのおしゃべりが途切れたソリが、運転するテヨンに声を掛けた。

「ねえ、テヨン。私の留守中、パッカに家に来てもらいなさいよ。」

「えっ?・・・な、なんで?」

「一人だけで朝食なんて、寂しいでしょ?部屋なんて、いくらでもあるんだし。」

部屋はない方がいい、というのがテヨンの本音だ。

「もう、着いたよ。チーム長とお友達が待ってる。」


トランクから大きなスーツケースを出す。
三泊四日の小旅行とは思えない荷物だった。

「キムチーム長、よろしくお願いします。」

「はい。お任せください。」

「じゃあ、テヨン、行ってくるわ。」

「気を付けて。行ってらっしゃい。」

きゃあきゃあと騒ぎながら行くソリ達と、キムチーム長を見送って、テヨンはふーっと長い息を吐いた。


その日、テヨンは気合を入れて仕事をした。


↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【生まれ変わっても 22】へ
  • 【拍手コメント(11/17~20)へのお礼】へ

~ Comment ~

優秀なブレーン

テクスに続いて、ソリGJ!
優しいが故に攻めきれないテヨンの外堀を埋めています。デレ〜っとしている場合じゃないですよ!残るはテヨン自身が動かなくては!
でもね、これだけお膳立てされちゃうと、逆にすんなり行けないのがパクハ。もちろん彼女も心の中では望んではいるから、甘〜く、ムーディーに攻めてあげてほしいな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 優秀なブレーン

ほっほ様

そうですよね。パク・ハにしてみれば、逃げられない感じがしますもんね。
甘~く、ムーディーにですね。テヨンによく言っておきます!w

Re: タイトルなし

か****さま

はい、ついに、大叔母様、お出かけになられました。w
「婚約者」発言にやにさがってるテヨンが心配です。しっかりしろと、カツを入れなくては・・・。w

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【生まれ変わっても 22】へ
  • 【拍手コメント(11/17~20)へのお礼】へ