FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 29

 ←生まれ変わっても 28 →拍手コメント(12/1~3)へのお礼と素敵なお歌を皆様へ(12/5追記あり)
パク・ハはスーパーの袋を重そうに抱えて、屋根部屋に帰ってきた。

暗証番号を押して、ドアのロックを解除する。

ピッピッピピ、ピーッ、ガチャ。

玄関先で、どさりと荷物を置いた。灯りを点けて靴を脱ぐ。
ソリも帰ってきた。今夜、テヨンが屋根部屋に来るものかどうかは分からない。それでも、テヨンの分まで買い物をしてきた。

私と一緒に居たら、

「テヨンさん、太っちゃうわね。」

後半は独り言と共に、うふふふ、と笑い声になる。

「誰が太ってるって?」

驚いてパク・ハが顔を上げると、リビングへと続く入り口の壁にもたれかかるようにして、ラフな服装のテヨンが腕を組んで立っていた。

「テヨンさん!」

「はりきって買い物したね。どんなご馳走を作るつもりだったの?」

笑いながら、スーパーの袋をひょいと持ち上げる。ほんとに、重いね、とまた笑う。

「テヨンさん、仕事だったんじゃないの?」

「お店に行かないから、まっすぐ帰って来てってメールしたつもりだけど?」

パク・ハは、えーっと言って口を尖らせた。ほら、また尖らせてる、テヨンはちゅっとキスをする。もう、儀式みたいなものだ。



「パッカ目を瞑って。」

パク・ハは、えっ?と言いつつも、テヨンに言われるままに目を閉じる。
いいって言うまで、そのままだよ。テヨンはパク・ハの手を取ってゆっくりと歩き出す。パク・ハはテヨンにその行く先を委ね、そろそろと歩を進めた。


リビングを過ぎ、ダイニングまで入ってきてテヨンはパク・ハの手を離した。

「テヨンさん。まだ?」

「もうちょっと、待って。」

スーパーの買い物袋が置かれたらしい、ガサリと言う音の後に、何かカチカチと言う音がする。
閉じたまぶたの裏に、ぽわっと柔らかい光の揺らめきを感じた。

・・・ろうそく?

「いいよ。パッカ、目を開けて。」

ライトを消されてほの暗いダイニング。テーブルの上や奥の作業台の上にもたくさんのろうそくの炎。
柔らかな橙色の炎が揺らめいて、辺りをほんのりと照らしている。

きれいにテーブルクロスが敷かれ、そこかしこに花も飾られていた。

「素敵・・・。」

うっとりとしたまま、立ち尽くすパク・ハの為にテヨンが椅子を引いてくれた。

「どうぞ、お座りください。」

パク・ハを椅子に座らせると、テヨンはシャンパングラスをテーブルに置いた。
そして、パク・ハの斜め後ろから、彼女の目の前にすっと料理の皿を置く。

「どうぞ、本日のメイン・ディッシュです。」

「いきなり、メイン・ディッシュなの?」

パク・ハはくすくすと笑った。

「ごめん。それしか作れなかったんだよ。」

テヨンも笑いながら、彼女の向かいの席に腰を下ろす。


テヨンの手造りだと言うオムライスが湯気を立てていた。
彼はパク・ハのグラスにシャンパンを注いでやり、自分のグラスにも注ぐ。

キンと小気味よい金属音が響いた。

シャンパンを一口飲んで、匙を取った。
いただきます、と二人の声が合って、微笑み合う。

「テヨンさん。上手ね。卵で包むのが、一番、難しいのに・・・。」

「実は、5回失敗したんだ。僕のが6回目で、君のが7回目。おかげでちょうど出来上がった時に、お嬢様がお帰り遊ばしたってわけ。」

テヨンは片目を瞑ってみせた。

じゃあ、卵、無くなっちゃった?買ってくれば良かった。
スクランブルエッグがたくさんできちゃったから、しばらく卵料理はいいよ。

うふふ、と笑ってパク・ハがオムライスを一匙すくった。口に運んで、ゆっくりと咀嚼する。

うん、おいしい。
本当?
ええ。今度からテヨンさんに作ってもらおっかなっ?
えーっ、僕だってパッカのオムライス、まだ1回しか食べてないよ。
チョハだったときに、いやってほど作ったわ。
だから、覚えてないんだってば。

うふふ、あはは、と笑い合う。
二人は食事を楽しんだ。



「よし、次はデザートだね。」

テヨンが立ち上がって、パク・ハに見えないように何やら準備をしている。

「お待たせ。さあ、どうぞ。」

またも斜め後ろから、すっと皿を差し出した。

皿の上には小さな四角い包み。光沢のある包装紙が、ろうそくの揺らめきを映し出す。
『運命の赤いリボン』が真っ赤なバラのように咲きほこっていた。

パク・ハは驚いて後ろを振り返り、テヨンを見上げた。

「パッカ。開けて。」

パク・ハはそっとリボンに触れた。『運命の赤いリボン』がするするとほどかれていく。
包みを開けると箱が現れる。その箱の蓋もそっと外す。

箱の中にはビロードのリングケース。

テヨンが手を伸ばし、リングケースをその手に取った。
そして、パク・ハの傍らに膝まづく。

リングケースの蓋を開けると、パク・ハの前にうやうやしく差し出した。

ケースの中央には、翡翠をくり貫いたらしい、淡い緑色のリング。三つの小さなダイヤが埋め込まれ輝きを放っている。



「パク・ハさん。僕と結婚してください。」



パク・ハの目に涙が溜まっていく。彼女は両手で口を覆ったまま何も言えずにいた。


「返事は?Yes と言ってくれないの?」


「・・・네.(ネェ)・・・はい。テヨンさん、はい。」


パク・ハの頬を大粒の涙が滑り落ちていく。

テヨンはにっこりと微笑むとリングケースからリングを取り出した。パク・ハの左手薬指にリングをはめてやる。
そして、ゆっくりと立ち上がり、パク・ハも立たせる。しっかりとその胸に彼女を抱きしめた。


翡翠はあらゆる災厄からその身を守ってくれるお守りだよ。
三つのダイヤは、過去と現在、未来を象徴してる。
300年前も、今も、そしてこれからもずっと・・・永遠に、君を愛します。


パク・ハは彼の胸で泣きじゃくっていた。


↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【生まれ変わっても 28】へ
  • 【拍手コメント(12/1~3)へのお礼と素敵なお歌を皆様へ(12/5追記あり)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

か****さま
こんにちは。
オムライスは難易度、高いですよねぇ。テヨン大したものです。
プロポーズはするつもりで指輪を準備していたはずなんですけど、お預け喰らわされまくったので、
先にけじめつけようと思ったんですかねぇ?w
待ったなしですか・・・それは困った。あわあわしている書き手がここに。WW

Re: ∑(゚Д゚)

ほ**さま
お仕事中にありがとうございます。w
なんか、驚かれた方が多くいらっしゃって、私が驚いてるという・・・。ww
もちろん、そのつもりで指輪を準備したはずなんですけど、(なんせ、特注でっせ!)このタイミングでと決意したのはいつのことなのか・・・ちょっと聞いておきます。w(私の予想では、あの時か、あの時。)

文字化け

一度書き込みしたのですが文字化け!
失われた文章だけが美しいってないですか?苦笑
同じものは二度と書けないですよね!

今はもう 悔しくもなく こう言える 覚えてないよ イ・ガクのころは

汝(な)がくれし 吾が命なれ これよりは 三世永遠に 共に歩まん

昨日でも 吾にとっては 遥かなる 遠い昔の 記憶ではある


Re: 文字化け

阿波の局さま
返信遅くなって申し訳ありません。
そして、そして、本当にありがとうございます。

素敵な歌を三首も!

いろいろな方の作品に寄せて、歌をお詠みになられていましたよね。
実は憧れていましたが、本当に感激しますね。
涙が出るほど嬉しかったです。

今度、記事上にコピペさせて頂きます!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【生まれ変わっても 28】へ
  • 【拍手コメント(12/1~3)へのお礼と素敵なお歌を皆様へ(12/5追記あり)】へ