FX

「長編」
目覚めたテヨン

目覚めたテヨン 6

 ←つじつま合わせ →拍手コメントへのお礼
パク・ハさんに会うべきだ。


社長の言葉が耳の奥で響いていた。

今は帰宅して、自室のベットで横になっていたが、先刻 会社で話した内容が重苦しくのしかかってくる。


「正直、俺はテヨンが目覚めることは難しいと思っていたよ。」

真剣にそう言われては、返す言葉もなく、ただ黙って聞いていた。

「あいつが、本当のテヨンではないと知った時、会長のためならそれでもいいかと思った。 いや、むしろ、あいつを利用しようと思ったんだよ。俺は・・・。」

社長が「あいつ」と呼ぶ彼がいたから、会社は守られた。
でも、この人がいたから、彼も「ヨン・テヨン」でいられた。
真に会社を守ったのは、ピョ・テクス この人だろう。

社長は、そんなに会社が大事だったのか・・・。
それも、おばあ様のため?


僕が何も言わないので、社長は独り言のように続けた。

「パク・ハさんという恋人もいたから、そのまま結婚して跡継ぎをもうけてくれたらいい、とも思っていた。」

社長は、僕の様子を確かめるように、ちらりとこちらを見たが、すぐに視線を外す。

「・・・おまけにチャン会長の実の娘だぞ。願ったり、叶ったりじゃないか? もっと早くに知っていたら、俺が社長になったりなんかしなかったのに。」

社長になったりなんかしなかった、の部分は本当にいまいましそうで可笑しかった。

「テヨン。お前、パク・ハさんに会え。」

命令・・・なんですね。

「政略結婚ですか?」

会社のために?
僕が「彼」に「似ている」から、彼女が僕になびくとでも?

社長が「政略結婚」を望んで言っているようにも聞こえなかったが、その真意を図りかねた。

「それは、いい考えだ。・・・チャン会長はテヨンを気に入っているようだし、 パク・ハさんと結婚できたら、会社のためになるな、確かに。 ・・・パク・ハさんに会ってみるか?うん?」

「社長が、今、彼女に会え、と仰ったんですよ。」

僕は語気を荒げた。

「お前が『ヨン・テヨン』だから、だ。」

はっ?それは、どういう・・・。

社長は僕をまっすぐに見た。今度は視線を外そうとはしない。
僕の困惑を見てとって、社長は同じことを繰り返した。

「『ヨン・テヨン』はお前だから、だ。」

だから、どういう意味で・・・?

「あいつとお前は、よく似ている。いや、似ているなんてレベルじゃない。・・・姿形だけじゃなく・・・まるで同一人物だ。」

俺は、会社に入る以前のテヨンのことをよく知らない。

もちろん、違う部分もあるにはあったが・・・仕事の仕方というのは、そのひととなりが顕れるもんだ。
物事に対する目の付け所、企画の立て方、プレゼンの仕方、他にもいろいろ・・・。

俺には、あいつこそ『ヨン・テヨン』だった。

そして、お前は、俺の知っている『ヨン・テヨン』だ。

お前はパク・ハさんに会うべきだ。



社長の声が、耳の奥で響き続けていた。

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
目覚めたテヨンの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【つじつま合わせ】へ
  • 【拍手コメントへのお礼】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【つじつま合わせ】へ
  • 【拍手コメントへのお礼】へ