FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 31

 ←拍手コメントへのお礼 →素敵なお歌を皆様へ③ と 拍手コメント(1/5~7)へのお礼です。
パク・ハが安らかな寝息を立てている。テヨンの腕枕で、気持ち良さそうに。
彼は眠る彼女にキスをした。

「う、うーん。」

パク・ハはテヨンにすり寄ってくる。
彼女の眠りを妨げないよう注意しながら、テヨンはパク・ハを抱き直すと、彼も静かに目を閉じた。

一つになれたと思った時、互いの総てが混じり合うような感覚を覚えた。

青い色と赤い色が、ぐるぐると回転し、その速度を増し、青と赤という別々だった色が混ざって溶け込んで、紫色になった・・・・そんな感じ。
魂が溶け合って、別々の人間なのに互いの感覚が一つになった・・・・そんな感じ。

1+1=2 結局、別々の人間、そういうのではなく
1+1=1 別々の人間が正真正銘一つになった、そんな風に思えた。

ふわぁ・・・。テヨンはあくびをするとパク・ハと共に眠りに落ちていった。



唇に、柔らかく暖かな感触を感じた。
テヨンが目を開けるとパク・ハの微笑みに出会った。

「起きて、テヨンさん。」

パク・ハに口づけで起こされる日が来ようとは・・・。テヨンは嬉しさを隠さず、にっこりと笑う。

「おはよう。パッカ。」

「おはよう。テヨンさん。」

ベッドに片肘を付いていたパク・ハが立ち上がろうとするのを、テヨンがその手を引いて止めた。

「お腹、空いた。」

「朝ご飯できてるわ。だから、起きて。」

「オンマ。おっぱい、ちょうだい。」

テヨンはあっという間にパク・ハを組み敷き、パク・ハのシャツの裾をたくし上げようとする。
パク・ハは、テヨンに跨られて動けない。
彼女はにっこりと笑うと、自由になる足をぐっと引き寄せた。
そのまま膝頭がテヨンの尾骶骨にヒットする。

うっ・・・・。

彼は声も上げられず、肩からベッドに倒れ込んだ。

「そうそう同じ手が通用するもんですか。起きて、朝ご飯食べて。今日も仕事でしょ?」

「・・・うぅ、痛いじゃないか。・・・歩けないから、今日は休む。」

「何、言ってるの。働かない旦那はごめんよ。」

パク・ハは片目を瞑ると、笑いながら部屋を出て行った。

テヨンは立ち上がり、痛そうに尾骶骨を押さえたが、頬はすっかり緩みきっている。

はは・・・旦那だって。



テヨンが着替えてダイニングに行くと、おいしそうな匂いが立ち込めていた。

「テヨンさん。今日はスーツなのね。」

「うん?ああ。重要な仕事があってね。」

「やっぱり、休んでられないじゃない?」

「まあ、そうかな?・・・ところでパッカ、今夜、僕と家に来て大叔母様に会ってくれないか?」

彼の言う重要な仕事とは、家族に結婚の承諾を得るということだった。

「できれば、明日は店を休んで欲しい。おばあ様の所に一緒に行って欲しいんだ。」


食事をしながら今後のことを話し合う。

パク・ハの実母の許にも挨拶に行かねばなるまい。
義母も一緒に香港に行ってもらおう、セナにも会えるしきっと喜ぶ、そんな話にもなった。

婚約式もする必要があるだろう、会社関連の人物でパク・ハの知らない者も招待せざるを得ない。
僕と結婚すると気苦労も増えるよ、それでもいい?とテヨンが笑った。

テヨンとの結婚、それが急に現実味を帯び始める。

パク・ハは翡翠のリングのはまった左手で、胸元のネックレスに触れた。

やっぱり、止めようかしら?
嘘だろ?
嘘よ。世子嬪よりは、ヨン家の嫁の方が気楽なんじゃないかしら?

二人の笑い声が響く。



テヨンは郊外に向けて車を走らせていた。

パク・ハが今日は店を早終いすると言った。
着替えてテヨンの家に行くと言うから、屋根部屋に迎えに行ってやらねばならない。
夕方までに帰る必要がある。

ソリに結婚の承諾を得て・・・と言っても、反対などされるはずがないから形ばかりの挨拶みたいなものだ。
明日には祖母の墓を訪ねて報告をする。
近いうちにパク・ハの義母にも承諾を得に行って、その次は香港にも行く。

テヨンの立場上、婚約式も省略できないだろうし、結婚式も二人だけで、というわけにもいくまい。
自分はこんなにしがらみがあったのかと改めて思い知らされる。それが嫌でNYに逃げ出した。
しかし、パク・ハの言う通り王世子に比べればどれほどのことがあるだろう。
自分は自由で、パク・ハと生涯、共に居られる。

パク・ハと結婚する。
それに伴って現実的に忙しくなる前に、どうしても訪ねたい所がテヨンにはあった。



テヨンは、歴史上の王、イ・ガクの陵墓の前に立った。


イ・ガク。僕はパッカと結婚するよ。
今日は彼女を連れて来なかった。・・・また二人で来るから・・・今日は男同士の話をしよう。

イ・ガク。ありがとう。
おばあ様を大事にしてくれて。
僕がするべきだったことをしてくれて。
やっと、礼が言えるようになったんだ。
ずっと、君の存在が大きすぎた。君に嫉妬してたよ。

彼女と出会えて、幸せだったかい?
幸せだったはずだろ?
君は僕で、僕は君だ。
僕は彼女と出会えて幸せだ。だから、君も幸せだったはずだ。

彼女のいない世界をどう生きたんだ?
恋文をたった一通したためて、君はどうやって生きたんだ?

この墓で、共に眠る女性と幸せだったのか?

僕として生まれ変わって、パッカに出会って、結婚するということは、その女性には心をあげられなかった。

そうだろう?違うか?

その女性は幸せだったかな?

責める気はないよ。
君の立場を思えば仕方がないことだ。

僕だって、パッカがチャン会長の娘でなかったら・・・
それでも、僕は彼女を妻に求めたに違いないけれど。

王世子には難しかっただろう?
彼女以外の妻を拒むことも、パッカを求めることも。

イ・ガク。永遠にパッカと共にと誓ったそうだね。
やっぱり君は僕だ。
僕も永遠の愛を誓ったよ。

今、この時代、君の誓いは僕が果たす。

僕ができずにいたことを君がしてくれたように、君ができなかったことは僕が果たすさ。


また、彼女と二人で来るから・・・安心して眠っていてくれ。



テヨンはパク・ハと結ばれて、ずっと感じていた喪失感と飢餓感がなくなった。
そうであるならば、イ・ガクもまた安らいだに違いない、テヨンはそう思っている。
______________

 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【拍手コメントへのお礼】へ
  • 【素敵なお歌を皆様へ③ と 拍手コメント(1/5~7)へのお礼です。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

か****さま
コメ欄はたまに不具合が出ますねぇ。申し訳ありません。
それでも、コメントをくださいまして、ありがとうございます。

「狼と7匹の子ヤギ」ですね。この際、「狼とパッカ羊」でいいんじゃないでしょうか?w

パッカの膝蹴り・・・急所にヒットするところだったので、さすがに、書き換えました。ww

NoTitle

欠けた月を埋めるように人は出会い・・・
5人の頃の曲にそんなフレーズがありました(好きだったな…なのに、思い出すのに今日1日かかったという!ああ、老化現象)

甘々テヨン×姉さん女房パク・ハみたいな明るさがいいですね!
私の頬も弛みっぱなしです。

Re: NoTitle

阿波の局さま
私は5人の頃はよく知らなくて・・・・
でも、ちらほら曲を聴いたりすると、いい歌多いし、やはり、うまいですよね。♡

テヨンが甘ったれてきましたね。キャラ、定まらず・・・(苦笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【拍手コメントへのお礼】へ
  • 【素敵なお歌を皆様へ③ と 拍手コメント(1/5~7)へのお礼です。】へ