FX

「コラボレーション」
ねつ

さが

 ←旦那がいいと言ったので・・・ →ゆうわく
下記の順番で読むのがお勧めです。

→いってらっしゃい。→待つことの…
→いってきます。→約束
→ねつ→びねつ発熱する→おしゃれ→ごめん→たかなり→むつごと→夏が終わる →さが  ←いま、ココ  

____________________________________


全社員が一堂に会する朝礼で、社長が厳かに訓示を述べていた。
僕は幹部社員たちと同様に、感じ入ったように聞き入っている。・・・振りをする。
元々、ピョ社長はあまり多くを語る人ではなく、訓示もそう長々と続けたりはしない。
むしろ、短すぎる嫌いがある。

だけど

今朝は、それすらも早く終わってくれ、と思う。


朝礼に向かおうとする僕を、有能美人チーム長がにこやかに笑いながら呼び留めた。

「本部長、朝礼後に、お部屋へお伺いします。」

来た・・・、と僕は思った。
彼女が僕のオフィスを訪れるその目的は明白。


正直言って、部下から与えられた仕事を、僕は、本気で、頑張った!

あ、いや、いつの間にかすっかり忘れて、別の方に頑張ってたのは、事実だけど・・・

でも、結果として! 
チーム長からの指示は果たせたんだから、いいじゃないか。

最初は、高が、その身を覆う小さな布きれじゃないか、なんて思っていたのに、パッカがモニターをしたという事実を知って、女の人がソレに何を思うかを聞かされて・・・・。


要は、チーム長にうまいこと乗せられたわけだ。


乗せられて何が悪い!


「仕事」という大義名分を与えられて、ここで頑張らなきゃ、男じゃないだろう?
事実、パッカも悦んだから、教えてくれた筈なんだ、し。



なんか、もう、思考が支離滅裂で・・・改めて、自分の、男の、愚かしいさがを感じる・・・。






ノックの音がした。



ユウチーム長は小さなメモの内容を見て、へえーと言いながら僕を見た。
そして含み笑いをする。

「スタイル、いいんですね。・・・本部長、楽しみにしておいてください、ね。」

思わずごくりと生唾を飲んだのを見られてしまったか?

「お帰りまでに、ラッピングして持って来ます。」

ユウチーム長は、更に、やれ花束も持って行け、だの、やれお洒落なレストランで食事をしろ、だの、やいのやいのと捲し立てた。

「ユウチーム長。そこまで特別に演出してしまっては、彼女が身構えてしまいますよ。」

なんでサイズを訊くのかと、それだけで訝られたのに・・・。

「特別じゃありませんか!本部長?プレゼントの中身を彼女も知ってるわけでしょう?食事して、プレゼント受け取って、それで終わり、なんて彼女も思ってるわけないじゃありませんか!そこは、男として盛り上げてあげないと!」

なんなんだ、この女性ひと・・・。

上司と部下でする会話じゃない。
まして、どっちが上司だか、部下だか、分からない。これじゃ。
僕は肩を竦めて苦笑した。

「ユウチーム長。あなたは、その商品を着用した女性を見た時のパートーナーの反応を、知りたいんですよね?」

僕は毅然としてそう言った。
その後のことは僕達二人の秘め事だ。会社も仕事も、関係ない!

「ご自分のパートーナーに感想をお聞きになってはどうですか?」

そうだ、なんで気付かなかったんだろう?・・・やっぱり、男ってバカだよな。結局。

「私の彼は、年齢層が高すぎるんです。父より上ですから。」


え?そうなの?・・・お父さんより、って。一体、何歳差だよ?


意外な事実に、僕は呆気にとられてしまう。

「年齢は関係ないでしょう?」

「関係ありますよ。この商品の中心的なターゲットは20代から30代の女性です。父親みたいな男性も喜びます、なあんて触れ込みで購買意欲が掻き立てれられると思われますか?」

びしっ、と音のしそうな勢いでユウチーム長は言った。

いや、確かに・・・・思わない。けど・・・このチーム長に限って言えば有効な"触れ込み"には違いない。

「とにかく、立ち入ったことを言って申し訳なかった。僕には僕の考えもあるし・・・プライベートに関わることを、これ以上仕事に絡めるのは止めませんか?・・・お互いに。」

「そうですね、分かりました。・・・本部長、でも、今回の感想はお願いしますよ?」

・・・分かったよ。もう。
押しの強い女性ひとだな。
お父さんみたいな男性ひとじゃないと、受け止められないわけだ。

パッカも年上で、気の強い所もあるけど・・・。守ってあげなきゃ、とも思わせられるんだけどな・・・。

では、後程。今日も残業なんてしちゃ、ダメですよぉ。と言い残して、彼女は僕のオフィスを出て行った。

__________

なにコレ?ここまで引っ張るか?な状態ですみません。
せっかく、阿波の局さんが素敵なバトン渡してくれたのにねぇ。
夏が終わる←読んでネ。
 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
ねつの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【旦那がいいと言ったので・・・】へ
  • 【ゆうわく】へ

~ Comment ~

NoTitle

テヨン君頑張ってるね!
それでも、ユウさんには押されっぱなしで敵わない?

チーム長のターゲットはテクス社長?という話題に、おお〜、面白いと反応しそうになりましたが、とりあえず止めときます。
無限大に話を広げていくと、書いている当人がわけがわからないという困ったことになるので。私の場合ですけど。😅

このあと、あま〜い場面になるのかな〜。うふふ
うちのテヨンは尻叩かれるばかりでかわいそうなので、こちらではいい思いさせてあげて下さいませ。←余計なお世話

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 阿波の局様へ

阿波の局様

> チーム長のターゲットはテクス社長?という話題に、おお〜、面白いと反応しそうになりましたが、とりあえず止めときます。
> 無限大に話を広げていくと、書いている当人がわけがわからないという困ったことになるので。私の場合ですけど。😅

今の所、ユウチーム長の彼氏は、もちろん社長ではなく、うまくいってるので狙ってはないはずですが、そのうち、狙われる?
ソリさん、やばいよー。と妄想しましたが、私も訳分からなくなるので、脇に置いてます。(苦笑)

> このあと、あま〜い場面になるのかな〜。うふふ

まあ、そのうちに・・・にょほほほほ。♡

Re: こんばんわぁヾ(≧∇≦)〃 か****様へ

か****様

ウチに直行ありがとうございます。
パッカの店に直行のテヨンみたいですね。w(愛されてて、嬉しい。♡)

> ユウチーム長に興味津々です(; ・`д・´)

いや、もう、脇役の筈が・・・恐るべし、オリジナルキャラクター。W

> テヨン、残業なしで、パッカの待つ家に帰るんだ~Let's Go~ !!(((( *≧∇)ノノノ
> もう、その後の妄想が止まりません(●´艸`)ムフフ

次話もUPしましたが、更に妄想してくださいませ。(≧∇≦)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【旦那がいいと言ったので・・・】へ
  • 【ゆうわく】へ