FX

「短話シリーズ」
企業戦士

企業戦士 - 2

 ←ヨン家の嫁 ~他人の空似~ →拍手コメント(10/16~29)へのお返事です。
カラン。

入口のドアが開いた。

「いらっしゃいませ。あ、キムチーム長!」

「こんにちは、パク・ハさん。いつもの、お願いします。」

キムチーム長は爽やかな笑顔をその顔に浮かべ、常連らしく「いつもの」と注文を告げた。
パク・ハは、はい、とこれまた飛び切りの笑顔で果物を手に取る。
テヨンが見たら、その笑顔は僕だけのものにして、とやきもきするに違いない。

「いつもたくさんお買い上げ頂いて、ありがとうございます。」

「ははは。普段は部下をこき使っているので、せめてものご機嫌取りです。パク・ハさんのジュースは栄養剤より良く効く。皆、良く働いてくれますよ。」

キムチーム長は片目を瞑った。

「うふふ。それは、嬉しいですね。」

「あと、今日はリンゴジュースも一つください。」

キムチーム長の注文は、決まってミックスジュースばかりを7つだ。珍しいこともあるな、とパク・ハは思い、知らずにそれが口に出ていた。

「珍しいですね?」

「本部長に差し入れです。・・・働き過ぎで、こちらにもお越しになっていないでしょう?」

「ええ。・・・電話やメールは貰ってますけど。」

「私達に能力が無くて、申し訳ないです。」

頭を下げるチーム長に、とんでもないわ!と首を振る。

「テヨンさんから、キムチーム長はとても優秀で頼りになるんだ、ってよく聞かされてますよ。」

「ホントですか?それは光栄だな。じゃあ、リンゴジュースで更にゴマを擦っておくことにします。」

彼はおどけたように笑った後、ふと真面目な顔をした。

「でも、やはり私達がもっと頑張らないと・・・。本部長を縛り付けてしまってますからね。
婚約者にお会いになることもままならないなんて、あまりにも心苦しいですから。」

「しょうがないですよ。・・・そういう立場の人ですもの。」

「パク・ハさんは随分とお優しい。」

キムチーム長は、ふう、と息を吐いた。

「私と仕事のどっちが大切なの!・・・と、怒ったりはしないのですか?」

前半は芝居がかった高い声色でわざと捲し立て、後半は穏やかにそう問いかける。

「比べるものではないですよね?・・・それに、もし、仕事だよ、なんて言われたら辛いわ。」

パク・ハは苦笑する。

「まさか!本部長は、絶対、パク・ハさんの方が大切に決まっています。」

「うふふ、ありがとうございます。・・・正直言って寂しいですけど・・・身体を壊さないかとそっちの方が心配で。」

「・・・はい。あの働きぶりは私も尊敬するところですが・・・最近はかなりお疲れの様子で、私達も心配しています。」


テヨンさんがいい部下に恵まれていて、良かった。


パク・ハは穏やかに微笑みながら、はい どうぞ と、仕事ができるだけではない心映えも素晴らしいチーム長にジュースのカップが収まった紙袋を手渡した。

「キムチーム長。・・・あの・・・お願いがあるんですけど・・・。」

え?とチーム長はパク・ハの顔を見る。

「もちろん。パク・ハさんのお願いなら、喜んで。」

にっこりと微笑み頷くキムチーム長がいた。


翌日。

これで良し!

パク・ハはその中身をチェックして蓋を閉じた。
大切に、大判のハンカチで包む。

本当は、毎晩、毎朝、栄養満点の手料理を食べさせてあげたい。
でも、帰っても来ないのだから仕方がない。

せめて、お昼ぐらいは・・・。

彼の大好きなオムライス。喜んでくれるかな?


カラン。

約束した時間通りにキムチーム長が現れた。

「すみません、お忙しいのに・・・。」

「いいえ。お安いご用ですよ。」

キムチーム長はやはり爽やかに笑っている。

「キムチーム長にも、と思ったんですけど・・・彼女さんに悪いかな、と思って・・・。」

パク・ハはおずおずと、その代りにこれを、といつものジュースの紙袋を差し出した。

「お気遣いありがとうございます。私に弁当を作ってくれる女性ヒトなんて居ませんよ。・・・本部長が羨ましい限りです。」


キムチーム長ほどの男性ヒトに恋人がいないなんて。


「・・・じゃ、次はキムチーム長の分も一緒に・・・。」

「ありがたいお話ですが遠慮しておきます。せっかくリンゴジュースでゴマを擦ったのに・・・
本部長に睨まれてしまったのでは、努力が水の泡になってしまいますから。」

彼は片目を瞑ってそう言うと、お預かりして行きます、と弁当箱の包みを手に取った。


では、とイケメン有能チーム長は、颯爽とパク・ハの店を後にしたのである。


↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
企業戦士の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【ヨン家の嫁 ~他人の空似~】へ
  • 【拍手コメント(10/16~29)へのお返事です。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

出た~!

出ましたね、イケメン有能チーム長!
前回のテヨンのやり取りを見た時から、パクハとはどんなやり取りをしていたか気になっていたので、このお話が読めて嬉しいです~w
話す事といい、やる事といい、いちいちカッコいいですね(*^^)
すっかりチーム長の虜になってる私です(笑)

それにしても、彼女いないなんて…。
ありちゃんさん、ぜひこのイケメンにも春を!(>_<)
なんなら誰か紹介しますよ?…なんて(笑)

このシリーズ大好き7です!
また続きを楽しみにしてます~ww

Re: か****様へ

か****様

はちきんって初めて聞きました。
そうですか、男勝り・・・男性4人分とは・・・そりゃ、そこらの軟な男では敵いませんなぁ。w

スヨンとテヨンの対面。ええ、私も楽しみです。w
(ちょっと待て・・・どっちが書くことになるんだろう?)

> ホント、コラボ最高〜ヾ(≧∇≦*)/
楽しんで頂けて、私たちも嬉しいです。

Re: 出た~! kaya様へ

kayaさま

> 出た~!
って、お化けじゃないんですから。www

> 前回のテヨンのやり取りを見た時から、パクハとはどんなやり取りをしていたか気になっていたので、このお話が読めて嬉しいです~w
楽しんで頂けて、良かったです。

> 話す事といい、やる事といい、いちいちカッコいいですね(*^^)
> すっかりチーム長の虜になってる私です(笑)
そういう方、多いです。♡

> それにしても、彼女いないなんて…。
> ありちゃんさん、ぜひこのイケメンにも春を!(>_<)
> なんなら誰か紹介しますよ?…なんて(笑)
ほほぉ。彼もテヨンに負けず劣らず忙しそうですが、大丈夫でしょうか?
「私と仕事とどっちが大切なの!」と言いだしそうな女の子は、敬遠されるかも知れません。w

> このシリーズ大好きです!
> また続きを楽しみにしてます~ww
ありがとうございます。m(__)m

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ヨン家の嫁 ~他人の空似~】へ
  • 【拍手コメント(10/16~29)へのお返事です。】へ