FX

「長編」
記憶

記憶 11

 ←拍手コメント(10/16~29)へのお返事です。 →記憶 11 - another
東宮殿で待てと言われて待てるわけがない。

臣下三人は慌てて駆け出した。

「馬!我らも馬で追うぞ!」
「チョハは一体どちらに?」
「分かりきったことを!あそこだ!」



馬は飛ぶように駆けてゆく。
パク・ハは馬の首にしがみつき、イ・ガクを振り向きたくても振り向けずにいる。

「・・・チョハ?」

必死にしがみつきながらようよう言った。

「しゃべるでない。舌を噛むぞ。」

イ・ガクは身を低くして、パク・ハに覆いかぶさるようにした。
刹那、馬は勢いよく地を蹴って宙を舞い、宮殿を囲う塀を軽々と飛越する。
どっと着地して、馬の背の二人にも衝撃が伝わってくる。

イ・ガクはそのままの勢いで馬を走らせ続けた。

馬の蹄の音だけが一定の拍子を刻んで鳴り響いている。
パク・ハは振り向いてはいけない気がして、ただ、前方を見ていた。

林を抜け、野原を走り、馬は駆け続ける。


突然、イ・ガクが手綱を引き馬はまた一声いなないた。
かっ、かっ、と蹄を打ち付けてその場に止まる。


前方は崖だった。


「・・・チョハ?」

そなたはここに居たいか?
私の傍に、居たいか?

イ・ガクが何も言わないのでパク・ハは再度世子に呼びかけた。

「チョハ?」

パク・ハはイ・ガクを振り向き、驚きに目を見開いた。

「チョハ?泣いてるの?」

声もなくイ・ガクが涙を流している。

「・・・お腹、痛いの?」

「・・・かつて・・・ここを飛んで、そなたの家に墜ちたのだ。」

「え?」


そなたの許へ行けはしないかと、何度もここに来た。
また時を越えられるのではないかと・・・。
死してそなたに会えるのなら、それも良い・・・と、思ったのだ。


「ここからお家に帰るの?・・・怖いよ。」

パク・ハは崖を見て肩を竦めた。イ・ガクがいるから安心していられるが、馬の上から覗き込む崖の下は一層暗く深いように思われた。

「ここからは還れぬ。」


おそらく・・・ここを飛んだとて、時を越えることは叶わぬであろう。


「・・・このまま、チョハの傍に居ようかな?」

パク・ハがイ・ガクを見上げた。
イ・ガクは目を見開いている。

「そなた・・・。還りたくはないのか?」

「・・・帰っても・・・。」

振り向きもしなかった姉の背中が、思い浮かぶ。

「私、大人になるまで、ここに・・・居ようかな?・・・ダメ?」

私とてそなたと一緒に居たいのだ。だが、しかし・・・

「ここでは、そなたを幸せにしてやることはできぬ。」

籠に閉じ込め、人の心の裏に怯え、常に緊張を強いられ・・・パッカが、パッカではなくなる。

「パッカ。自由なそなたの世界に戻るがよい。」

パク・ハの瞳をじっと見ていたイ・ガクが気遣う様に言葉を繋いだ。

「・・・そなた、もしや、元の世界が辛いのか?」

小さなパク・ハは目にいっぱい涙を溜めて微かに頷いた。

「元の世界に還れば・・・辛いことも、悲しいこともあろう。だが、そなたの朗らかさと強さがあれば、きっと大丈夫だ。」

イ・ガクはパク・ハをじっと見る。

「大人になったら、そなたを、必ずや、迎えに参る。」

「本当?!」

「ああ、必ずだ。・・・その時、私の名は『ヨン・テヨン』だ。」

「・・・ヨン・・・テヨン?」

パク・ハは不思議そうに、何度もその名を呟いていた。

「そうだ。『ヨン・テヨン』だ。覚えておれ。」

パク・ハはしばらく考え込んでいたが、顔を上げ、花が零れる様に笑った。

「うん!分かった。じゃあ、指切りしよう!!」

そうだな。約束だ。

小指と小指を絡め合う。

「指切り拳万、嘘吐いたら、針千本、呑ぉーます!」

パク・ハが元気に言いながら小指の絡まった手を上下させ始めたその時、その指の感触が一瞬消えた。
驚き、目を見開くイ・ガク。
まるで明滅する星のように、小さなパク・ハの姿が薄らいだかと思ったらまた濃くなる。

もう、往くのか?・・・往ってしまうのか?

「指切った!」

その宣言と同時に一瞬姿が消え、また戻った。


パッカ!往くな!


イ・ガクは思わず小さなパク・ハを抱きしめていた。


↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
記憶の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【拍手コメント(10/16~29)へのお返事です。】へ
  • 【記憶 11 - another】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: か****様へ

か****様

すみませ~ん。切ないですよね?・・・私も切ないです。(/_;)
でも・・・どうしても・・・こんなになっちゃって・・・許して。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ふぇーん(;_;) k***様へ

k***様

いつもコメントありがとうございます。
切ないですよねぇ。・・・すみません。(汗)

それにしても、過分なお褒めの言葉、ありがとうございます。
ちびのパッカが飛ぶ、と言う発想自体は読者様のコメから頂いたものなので・・・(^^ゞ
(設定はその方のお書きになったものとは随分と違いますけど。)
恐縮です。でも、嬉しいです。ありがとうございます。<m(__)m>
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【拍手コメント(10/16~29)へのお返事です。】へ
  • 【記憶 11 - another】へ