FX

「短話シリーズ」
ごっこ遊び

ようこそ、屋根部屋へ ~イ・ガク編~

 ←私的 萌えポイント ユチョンの『手』! →ようこそ、屋根部屋へ ~パク・ハ編~
屋根部屋の灯りは点いていなかった。

パッカ?まだ帰っておらぬのか?
先に帰っておれと申しつけたに・・・。

イ・ガクは急いで玄関のロックを解除してドアに手を掛けた。


ガチャリ


「いらっしゃいませ。」


なんだと・・・?


薄暗がりの中、パク・ハがにこやかに立っている。
しかも、身に着けているのは黒いチューブトップのミニドレス。
滑らかな両肩も、白い膝も露わな、あられもない姿を見て、イ・ガクは大きく目を見開き、次には怒鳴った。

「そなた!なんだ、その恰好は!!」

パク・ハはそんな反応は承知の上なのか、笑顔を崩さずイ・ガクに会釈をした。
こちらへどうぞ、とリビングの方へ彼をいざなおうとする。

イ・ガクは、何を考えておる!慎みを持たぬのか!全く、そなたは!と、ぶつぶつと言いながらもパク・ハに付いてリビングに入った。


リビングは暗かった。
天井のメインライトは点いておらず、スタンドのオレンジ色の光も仄暗く、観葉植物の姿をぼぉっと浮かび上がらせているだけ。
テーブルの上には何本かのろうそくの炎が揺らめいていた。


パク・ハに促されてソファに腰かけたイ・ガクは訝しげパク・ハを見る。

「・・・何だ?何故、灯りを灯さぬ?」

パク・ハは意に介さず、どうぞ、と湯気の立つおしぼりを拡げてイ・ガクに手渡そうとした。
イ・ガクはおしぼりごとパク・ハの手を掴む。

「何のつもりだ?私の問いに答えよ。」

「ようこそ。クラブ『屋根部屋(オクタッパン)』へ。」


・・・くらぶ?

確かに、ここは私の『屋根部屋(オクタッパン)』には違いない。
しかし『くらぶ』というのは何だ?


呆気にとられるイ・ガクのその手の拘束から逃れ、パク・ハは静かに微笑んだ。

「何になさいます?お客様?」


客・・・だと?


イ・ガクは合点がいかぬ様子で辺りを見廻す。
テーブルの上には空のグラスと氷で満たされたアイスピッチャー、アルコールと思しき液体とこれまた水で満たされたウォーターピッチャー。
皿に盛られた料理は、酒の肴のようだ。

以前、接待で連れて行かれた酒の席を思い出す。


妓楼・・・のつもりか?


イ・ガクはにやりとほくそ笑んだ。

「焼酎がよい。」

ソファの背もたれにふんぞり返ってイ・ガクが言った。
パク・ハはグラスに氷を入れ、焼酎を注ぐ。

「私の隣に座れ。」

パク・ハへ命令するその高慢さは、いつもの二割増しだ。
対する彼女はいつもと違って、口答えすることなく素直にイ・ガクに従った。
従順なその様子は王世子を上機嫌にさせた。


酒がすすみイ・ガクもほろ酔い気分になってくる。

パク・ハの胸元の谷間は強調されていた。
ミニ丈のドレスの裾はせり上がり、太腿も露わだ。

遠慮のないイ・ガクの視線が、パク・ハに絡みつく。
ビジネスの相手もいないし、臣下の姿もない。
いつになく羽目を外した王世子の姿があった。

高く笑いながらパク・ハの肩に手を廻し、反対の手は彼女の白い膝の上にある。

イ・ガクの手が膝から太腿の方に滑り込んでいった。
パク・ハは一瞬身を捩る。

「止めて。・・・お客様、止めてください。」


パッカ。・・・そなた、私をもてなしてくれるのであろう?


不意にイ・ガクがパク・ハの唇を塞いだ。
長い口づけの後、パク・ハの顔を覗き込む。

「そなたも飲め。」

そう言うなりイ・ガクはグラスを手に取った。
グラスの中の液体を自らの口に含ませる。
そして、パク・ハに圧し掛かるようにして、口移しで彼女の喉に液体を注ぎ込んだ。

予想外のイ・ガクの行動に、パク・ハは思わず眉根を寄せる。
口から零れ落ちた焼酎が彼女の顎を伝った。

口づけから解放されたパク・ハは激しく咳き込んだ。
ゼイゼイと苦しむパク・ハをイ・ガクは意地悪く見つめていた。

息が整うとパク・ハは涙目になりながらイ・ガクを睨みつける。

「酷いわ! チョハ!!」

思わず振り上げた彼女の拳をイ・ガクが掴んだ。

「・・・王世子に手を上げるか?」

イ・ガクは怒ってはいない。
意地悪な笑みを浮かべたままパク・ハの滑らかな肩から首筋に向かって唇を充て低く囁く。

「そなた、妓生キーセンなのであろう?
ならば、今宵は私の相手を致せ。」


イ・ガクの唇は彼女の首筋を這い、手は白い太腿の内側を撫でていた。


「・・・チョハ・・・。」

パク・ハは、一言イ・ガクに呼びかけ、観念したように瞳を閉じた。


___________

読者様のコメントに触発されて・・・
イ・ガク編、書いちゃいました。

いやあ
テヨンの時より・・・楽しかった。(笑)
(やってることは一緒だけど・・・チョハ、S 全開!)

現代の「クラブ」は(と言っても、「クラブ」自体を私自身はよく知らないのですが・・・
「妓楼」とは違いますよね。
ま、でも、女性がお酒の相手を務めるという意味で、イ・ガクは「妓楼」と理解したのだと・・・
で、妓楼に居てお酌をしてくれる女性は「妓生」である、というわけでこんな流れに・・・。

こんな風に誘ったパク・ハが悪い、とイ・ガクは思っているに違いありません。

 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
ごっこ遊びの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【私的 萌えポイント ユチョンの『手』!】へ
  • 【ようこそ、屋根部屋へ ~パク・ハ編~】へ

~ Comment ~

またまた、

仕掛けたパッカが丸め込まれるという
事態で...こういうことされると、男の人って
たまらないでしょうね~その辺り、イ ガクも
純粋な男だから、かわいいと思っちゃいますもんね!
仕掛けて、あたふたするパッカに萌えます。
ところで、いま東京の三軒茶屋で匂いを~の
DVD発売記念、衣装などの展示をやってます。
見に行ってきました。台本と靴、衣装があったのですが
靴にビックリ!我が家の男性人は背丈のわりに
小足なので、あぁ、やっぱり180㎝は大きいんだなぁとー
私みたいな人が数人いらして、衣装に触らないで!って
書いてあるのに、上着めくったり~(私はそこまで、おばさんじゃないぞ~)
と妙なプライドがちょっこと....
(匂いはいいだろうとーあまり変わりのないことをしましたが、
きれいにクリーニングされていたのか、香りませんでした。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: やすべぇ様へ

やすべぇさま

> 仕掛けたパッカが丸め込まれるという
> 事態で...
ホントに、彼らの思うツボですよね。(笑)

> 仕掛けて、あたふたするパッカに萌えます。
にょほほほ。
パク・ハ編でもあたふたしてるんで、楽しんでください。ww

> 靴にビックリ!
> やっぱり180㎝は大きいんだなぁとー
そんなに大きいですか?
手も大きいし・・・足も大きいのかな?

> (匂いはいいだろうとーあまり変わりのないことをしましたが、
手は触れてないから、問題なしです!!

> きれいにクリーニングされていたのか、香りませんでした。)
うーん。それは残念。(あ、違うか・・・笑)

Re: て*****様へ

て*****さま

私の方こそありがとうございます。<m(__)m>
夢ではございませんよ。(笑)

妄想脳が刺激されると、止まりませんで・・・
ムラッ気の強い更新でスミマセンです。(汗)
でも、楽しんで頂けたようで嬉しいです。!(^^)!

調子に乗ってパク・ハ編も投下しました。こちらも楽しんで頂けると嬉しいです。<m(__)m>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ほ**様へ

ほ**さま

イ・ガクの思うツボでしたね。(笑)
パッカを侍らせて楽しそう。ww
そうか、対面を保つためにSっ気全開だったんですね。
納得しました。^m^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【私的 萌えポイント ユチョンの『手』!】へ
  • 【ようこそ、屋根部屋へ ~パク・ハ編~】へ