FX

「長編」
贈り物

贈り物 2

 ←Happy Birthday!! Yuchun!!! →贈り物 3
出張先のホテルの一室。
ガイドブックに目を通しながら、明日の視察先をチェックする。

ここら辺の飲食店を2、3軒、廻っておくか・・・。
午後の飛行機に乗れば、夕方までには帰れるだろう。

新たな旅行プランを企画するために、僕は独り済州島にやって来た。

新婚旅行のメッカに、僕、独りって・・・。
・・・上手いこと言って、パッカも連れて来れば良かった。


パッカ、まだ起きてるかな?


スマホを取り上げ、時刻を確認する。
電話をかけようと画面に触れようとしたとたん、着信音が鳴り響いた。


社長?


「もしもし。」

「・・・なんだ?随分、出るのが早いな。」

社長の笑いを含んだ声が聞こえる。
第一声がそれって・・・手に持ってたんだから、速攻で出ますって。

「悪かったな、俺で。」

・・・じゃ、切ってもいいですか?と言う訳にもいかない。

「何です?・・・こんな時間に。」

憮然とした僕の声にも社長が怯む様子はない。

「明日、そっちで会って欲しい人物がいてな。」

え?視察もあるのに・・・。
人に会うって・・・5分、10分の話なわけは、ない、はず。

明日は僕の誕生日だ。
夕方までに帰らなきゃ、パッカとの時間が・・・!
冗談じゃない!

言いたいことはたくさんあったが、シンプルに拒否を試みる。

「・・・嫌です。」

「はぁ?何を言ってる。自分の立場ってものを自覚しろ。」

即、却下された。
分かってはいたけど・・・・。

「で、誰に会うんです?」

「ああ、香港のチャン会長だ。」

え?・・・パッカのお母さん?

「お前の義母になる人だ。無下にはできんだろう?」

「いや、もちろんそうですけど・・・なんで、済州島で?」

まして、よりによって明日って・・・。

「ソウルでなら、お義母さんもパッカに会えるし・・・僕にも会いたいと仰るなら、明日、朝一で僕が帰ります。」

「パク・ハさんには、今日の昼に会ったそうだ。会長は、今夜の最終便で済州に飛んだよ。」

ええぇっ!もう、済州島入りしたって言うのか?

あまりな展開に、僕は二の句が継げずにいた。

「チャン会長もそっちで仕事があるそうだ。会食は夜になるだろうから、お前はお前で仕事を済ませて、もう、1泊して来い。」

「え!会食・・・?」

そんな、しかも、もう1泊って・・・。

通話は切れた。


誕生日に出張で家に帰れなくて・・・
誕生日の夜に、恋人ではなくて、その母親と会食って・・・。


スマホを握り締めたまま呆然としていると、また着信音が鳴り響いた。


パッカ!パッカだ!


あわてて通話ボタンをタップする。

「もしもし!パッカ?」

「テヨンさん。・・・聞いた?」

「あ、うん。たった今。」

「ごめんね。急で・・・。」

「いや、・・・お義母さん、元気だった?」

「うん。とっても。」

元気なはず、だよな。フットワークの軽さが並みじゃない。

「そうか。良かった。・・・僕も会えるのを楽しみにしてるよ。」

「うん、ありがとう。テヨンさん、もう遅いから寝て。」

「ああ、おやすみ。」

「おやすみなさい。」

おやすみと言い合ったのに、電話は繋がったままだった。

「・・・切らないの?」

「もう、切るよ。・・・パッカ、愛してる。」

「・・・・。」

「だんまり?酷いな。・・・パッカ、愛してるよ。・・・君は?」

「私も。」

「私も、何?」

「・・・テヨンさん、愛してるわ。」

電話口で、ちゅっとリップ音を立てる。

「おやすみ、パッカ。」

「おやすみなさい、テヨンさん。」

今度こそ通話は切れた。


仕方ない。
パッカとは、1日遅れの誕生日を楽しむしかないようだ。



次の日、僕の誕生日。
僕は粛々と仕事をこなした。

僕が社長になったら、社員規則に、誕生日には出張、残業はしない、休暇を取ることを推奨する、そんな条項を加えてやる!

半ば自棄気味な思考をしながら、それでも、やるからにはいい仕事はしたい。
そんなこんなで、午後の飛行機を諦めていたせいもあって、少し念入りに視察をして廻ったのだった。


約束の時間、指定されたホテルに出向いた。

トスカーナホテル。
こじんまりとはしているが、プールもある高級リゾートホテルで、今度はこのホテルを使ったプランもいいかも知れない、なんて思う。
個人的には、こういうところでパッカとゆっくり過ごしたい、と、そう思う。

まったく・・・

誕生日の今日、こんなリゾートホテルにいながら、僕の隣には、どうしてパッカがいないんだろう。

思わず溜息が漏れた。


僕は深呼吸をして顔を引き締めた。
気を取り直して、フロントに向かう。
彼女の母親に会うのに、つまらなそうな顔をしているわけにはいかない。

フロントでチャン会長の名を告げ、自分の名を名乗った。
ホテルマンは僕の訪問を承知していたようで、笑顔で頷くと会長の部屋に連絡を入れてくれた。

「お部屋までご案内致します。」

ホテルマンは、建物を出て外へ。
案内されたのは、白い壁の離れヴィラだった。

インターホンを押そうとしていたホテルマンに声を掛ける。

「ありがとう。もう、戻ってくれて大丈夫だよ。」

彼は一礼してフロントのある建物の方へ去って行った。


さてと。


僕は自分の服装をチェックする。


肩に埃やゴミは付いていないか?
靴は汚れていないか?
髪は乱れていないか?



インターホンを押した。




___________

ええっと・・・やはり日付跨いでしまいました。
推敲もそこそこにUPしてしまいます。

全然、完結しとらんし・・・
テヨン語りで、雰囲気ガラリと変わってるし・・・
後は、パク・ハ語りで「贈り物」をして、お祝いできたらと思っておる次第です。

もうちょっと早くにお誕生日企画を始めればよかったですぅ。

と、後悔しても後のマツリなんですが・・・

どのみち、構想もなかなか思い浮かばなかったんですよね。
妄想の神様が降りてこないと、難しいです。

もう少し、お付き合いくださると嬉しいです。


【6/5  17時頃 追記】

いやあ、ホント時間の余裕もなく焦ってUPすると拙いです。
どうしようかと思ったのですが、次の流れ的に必要なくだりかなと思って、誕生日当日のテヨンの動きを加筆しました。

トスカーナホテル、済州島に実在します。
ジュンス所縁のホテルです。
お話に書いちゃうからには調べなくては、とググったら、私も行きたくなりました。

テヨンもパッカと行きたいよねぇ。きっと。




 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
贈り物の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【Happy Birthday!! Yuchun!!!】へ
  • 【贈り物 3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【Happy Birthday!! Yuchun!!!】へ
  • 【贈り物 3】へ