FX

「短話シリーズ」
企業戦士

会議室

 ←贈り物 9 〈最終話〉 →出張
はぁ~

思わず大きな溜息が出る。

役員会議でのプレゼンに向けて、企画チームで最終ミーティングをしていた。
だが、全く良いアイデアが出ない。

持ち込まれた企画がないではなかったが・・・
役員の面々、とりわけピョ・テクス社長を唸らせるにはどれも今一つで。
時間だけが過ぎて行き、だんだんと重苦しい雰囲気になってくる。

こんな状況では、良いアイデアなんて出るはずがない。

「少し、休憩にしよう。」

僕の一声を待っていたように、メンバーはホッとした顔になる。
そして、それぞれに散って行った。

僕自身は席を立つ気にもなれなくて、手元の資料を引き寄せた。
いまさら見直したところで、アイデアが出ないのは分かっている。

だけど・・・

何もしない訳にもいかず、資料を見ながら、何となしに手が動いていた。


誰かの、楽しげな笑い声に気づいて、現実の世界に引き戻される。
笑い声の主は、キムチーム長だった。

「何か、可笑しいですか?」

「いえ、可笑しいのではありません。
お上手だと感心していたのです。
・・・見せて頂いてもよろしいですか? 」

断る理由も見つからず、言われるままにその書類を手渡す。

「素敵な表情ですね。」

書類の片隅に、僕が描いた笑顔のパッカがいた。
落書き程度のものだが、確かに彼女の表情を好く捉えている、とは思う。


がやがやと人の気配がした。

「チーム長、何を見ているのですか?」

丁度、休憩を終えたメンバー達が戻ってきて、みんなしてそれを覗き込む。

「巧いですねぇ。チーム長が描かれたんですか?」

「いや、本部長だよ。」

「かわいいなあ。本部長の彼女ですか?」
「ああ、そう言えば本部長は絵の勉強をされてたんですよね。
それにしても、巧いもんだ。」
「うん、美人だ!」

口々に感想を言いながら、囃し立てる。

・・・ったく。
そのエネルギーをミーティングに活かしてくれよ。

「実物の方が、はるかに美人さ。」

「「「わあ~、ごちそうさまです!」」」

更に囃し立てられた。
ヒューと唇を鳴らす者までいる。

「君達に見せるために描いたんじゃないから、早く返してくれないか。」

少しの照れくささを隠しながら、資料を取り戻す。

「さあ、ミーティングの続きを始めるよ。」

「「「はい!」」」

皆、ニコニコしながら席に戻った。


〔パク・ハさんは、本当に才能がおありですね。
人を笑顔にする術に長けていらっしゃる。〕

僕の隣に座るキムチーム長が、小声で囁いた。
思わず彼を見る。


本当にそうだ。
さっきまでの重苦しい空気は吹き飛んでる。

ありがとう、パッカ。


さてと

僕も頑張るか。

早く、本物の君の笑顔が見たいから。


思わず緩みそうになる頬を引き締めながら、再度資料に視線を落とした。



 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
企業戦士の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【贈り物 9 〈最終話〉】へ
  • 【出張】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: メ***様へ

メ***さま

コメありがとうございます。
癒されるのその一言に、書き続けてて良かったと思わせて頂いてます。
ウリテヨンが幸せでいられるように・・・思いを込めて書き続けます。

Re: ま***さまへ

ま***さま

そうですね。パク・ハはみんなを笑顔にしてくれる。
笑顔が出なくなってしまった人の所へ、パク・ハを派遣したいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【贈り物 9 〈最終話〉】へ
  • 【出張】へ