FX

「ユチョン応援☆妄想祭り」
お宝映像

お宝映像

 ←かみなり →好き 大好き
ホーム&ショピング社。
大手通信販売会社。子会社多数。
その事業内容は多岐に亘っている。

プライベートブランドも立ち上げられ、その商品数も増えていた。


澄み渡った青空と輝く海。
テヨンとパク・ハは眩しそうに夏の太陽を見上げた。


テヨンの会社、H&S社のPVに新商品が加わった。
今日はそのCM撮影が行われる。

テヨンが、他愛もない会話の中でそんな話をしたら、パク・ハが、見てみたいなぁ、と言った。

「じゃあ、行ってみる?」

「え?いいの?」

嬉しそうに目を輝かせるパク・ハにテヨンはにっこりと笑う。

「うん。僕も関係者だからね。・・・それにしても・・・。」

「なあに?」

「いや、案外ミーハーだなって思って。」

「悪かったわねぇぇだっ!」

パク・ハは舌を出す。
声を立てて笑い合った。



多くの撮影クルーが機材を持って右往左往している。
二人は邪魔にならないようにその様子を遠巻きに見ていた。

カメラが据え付けられ、ライトが立てられ、大きなマイクもある。
準備の様子を見ているだけで、パク・ハは、凄いのね~、と目を丸くした。

「CMってだけでこんなに大がかりなのに、ドラマとかって、もっと、だよね?」

「そうだね。役者は大変だ。」


素人目から見てもすっかり準備は整っているように見えるのに、一向に撮影が始まる様子がない。
テヨンは首を傾げた。

「おかしいな。・・・何か問題が起こったのかも。
パッカ、ここで待ってて。」

本部長の顔になって、彼は事情を聞きにスタッフの許へ走って行った。


「何か問題でも起こりましたか?」

声を掛けられ、キムチーム長が振り返った。

「ああ、本部長。
問題という訳ではなく、出演予定の俳優が遅れているんです。」

彼は首を竦めた。

「なんせ、人気俳優ですからね。」

「そうですか。」

スタッフ、とりわけプロデューサーは不機嫌さを隠さずイライラとしていた。

「カメラテストだけでも、したいんだが・・・」
「天気は大丈夫か?」
「とにかく、到着次第、すぐリハできるようにスタンバっとけ!」

担当であるキムチーム長も、腕時計を見ながら溜息を吐いている。


テヨンはパク・ハの許に戻り、日差しを避けるべく、スタッフ用のテントに彼女を連れて行った。

「出演者待ち、なんだってさ。」

少し待つぐらいのこと、二人には何でもなかった。
例えこのまま撮影が見られなくても、人気俳優を拝めなくても、二人で綺麗な景色を楽しめば、十分デートとして成り立つ。
浜辺でじゃれ合うには、人目もあったし、日差しが強すぎはしたけれど。




「本部長。」

キムチーム長がプロデューサーを伴ってやって来た。

「こちら、ハンプロデュサーです。」

恰幅のいいおじさんである。

「本部長のヨン・テヨンです。」

お互いに、よろしくお願いします、と手を握り合う。

こちらは婚約者で・・・とパク・ハのことも紹介すると、美人ですね、と受けあった。

「いやあ、本部長と言われるから、もっと中年を想像していたんですが・・・
芸能人張りのイケメンですねぇ。」

テヨン自身を持ち上げることも忘れないでいたから、テヨンは、いえいえ、と軽くいなした。

「ヨン本部長!」

テヨンのことをじっと見ていたハンプロデュサーが、突然、何か思い当ったように大声で彼を呼んだ。

「本部長、今回のCMに出ませんか?」

「え?」

テヨンばかりでなく、キムチーム長もパク・ハも同時に声を上げる。

「いや、カメラテストもしたかったし、俳優はまだ来てないし・・・ちょっと撮るだけでも撮らせてもらえませんか?」

出演の決まっている俳優がいて、いくら到着が遅いからと言っても、撮影のその日に降ろすのは拙いだろう。
まして、自分は素人だ。
テヨンは丁重に断った。

が、しかし

少しだけ、構図を確認したい、雰囲気を見ておきたい、カメラワークもチェックしたい、
いろいろ言われて
結局押し切られる格好になってしまう。


「白いシャツに白いパンツ。衣装もイメージにピッタリです。
そんなファッション、嫌味なく爽やかに着こなせるなんて、
本職の俳優でもちょっといないですよ!」

衣装だとか・・・そんなんじゃないんだけどな。

テヨンは苦笑した。



絵コンテで説明され、簡単な台本のようなものを渡される。
小道具も持たされてスタンバイした。


パク・ハは溜息交じりに撮影の様子を見ていた。
人気俳優の撮影風景を見るよりも、うっとりするような出来事だった。

夢見る様子のパク・ハに、キムチーム長はくすりと笑う。


一通り撮り終えて、その場でモニターチェックする。
想像以上の出来栄えに、プロデュサー以下スタッフたちも、おお、と声を上げた。

もう、これでいいんじゃないか?

そんな雰囲気が現場に漂っていたその時、出演予定の役者が到着したことを、スタッフの一人が告げた。



◇◇◇


一枚のブルーレイディスクが手渡された。

「何ですか?コレ。」

差し入れ用のジュースを受け取ったキムチーム長が、帰り際にパク・ハに手渡したのである。

「お宝映像です。」

それだけ言って片目を瞑ると、ではまた、とキムチーム長は爽やかに去って行った。



休憩時間、パク・ハは件のディスクを見てみることにした。


画面に映し出されたのは

テヨンの爽やかな笑顔。


あの、海でのCM撮影の時の映像である。

出演予定だった俳優も到着し、自社の商品のことで揉め事は御免被りたいと、テヨンはその映像を破棄するようにと言った。
パク・ハは正直もったいないと思っていたが、それを、キムチーム長が彼女の為に持って来てくれたのである。


これが、テレビに流れなくて良かったぁ。

パク・ハはほっと息を吐く。

この笑顔は私だけのものよ。
テヨンさんが、他の誰かにこんな風に笑いかけるなんて、考えたくないわ。




パク・ハは自分の為だけのCMを、何度も何度も、繰り返し見続けていた。






(メイキング)


画像はお借りしています。


※このお話は映像ありきです。ぜひ映像もお楽しみください!
(私、にやけながら、鬼りピしております。ww)










 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
お宝映像の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【かみなり】へ
  • 【好き 大好き】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: な*様へ

な*さま

毎度ありがとうございます。(笑)
この映像、いいでしょう!
冒頭からの笑顔!パッカでなくてもうっとりです。

いつも、笑ってて欲しいですね。祈りましょう。

Re: な****様へ

な****さま

癒された、嬉しいお言葉です。
ほんと、このCM、にやけちゃうんですよねぇ。
通勤は電車ですか?バスですか?公共交通機関利用だと危険です!(笑)

肩幅もあって、声も低い、大きな手、どっから見ても男の人なのに・・・
仰るように、爽やかで愛らしい。
パク・ハでなくてもうっとりです。(笑)

Re: ほ**様へ

ほ**さま

キムチーム長、出演率高し!(笑)
有能だから頼れるんですよねぇ。

ビデオテープはやばいですねぇ。(笑)
まじに擦り切れちゃいます!!
高画質BDにしましたよ。♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ま***様へ

ま***さま

もしかして、職場ですか?
この映像は必見ですよ!後からでもいいので、機会があればぜぇったい見てください!
鬼リピ読者様が急増してます!!(←声を大にして言いたい!)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【かみなり】へ
  • 【好き 大好き】へ