FX

「短編集」
読み切り

ピロー・トーク

 ←【愛しき者】 UPしました。 →『ありちゃんの妄想RADIO♪』第4回
イ・ガクの腕に、パク・ハはその頭を預けていた。

見つめ合ってキスを交わす。

「パッカ、辛くはないか?」

パク・ハは首を横に降る。

イ・ガクは優しかった。
パク・ハが未経験と知って、最大限の気遣いをしてくれた。

普段から時折、意地悪な物言いをし、パク・ハを困らせて喜んでいる節もあるにはあるが、無体を強いられてはいないと思う。


やっぱり、チョハは優しいのよ。


それは、惚れた欲目、なのかも知れないが・・・。


イ・ガクが、こほんと咳払いをした。

「パッカ、本心か?」

パク・ハは、え?とイ・ガクを見る。

「私の子を・・・望んでおると申すのは?」

「・・・うん。」

頰を紅潮させながら、頷く。


だから、私と結婚してソウルに留まって!


「そうか・・・。ならばすぐに手配をせねばならぬな。」

「え?」

「臣下たちに申し付けて、手筈を整える。」


え?手筈って・・・結婚式・・・とか?


「佳き日を選ばねばならぬ。」

パク・ハは嬉しそうに頷いた。
対するイ・ガクは、思案顔でぶつぶつと呟いている。

「見届け役の尚宮が居らぬから・・・
チサンに代わりを務めさせるか・・・。」


朝鮮式の結婚式をしようと思っているのかしら?


なんだかよく分からないが、イ・ガクとの未来を考えられるのは嬉しかった。

「大袈裟にはしなくていいよ。」

「そうはいかぬ。星の動き、気の流れ、あらゆる面で吉日を選ばねばならぬのだ。
国の未来をも左右する大事である。」

王世子邸下の結婚の儀ともなれば、大袈裟で当然なのかも知れない。

「急ぎマンボに占わせるから、そなたも、その日に向けて身を清め、体調を整えておくようにせよ。
・・・ああ、月のモノの予定もマンボに伝えておかねばならぬ。」

イ・ガクは真顔でパク・ハを見た。

「えっ!なんでよ?」

パク・ハは思わず起き上がり、イ・ガクも釣られてその身を起こす。


なんで、月のモノとか・・・そりゃ、被らない方がいいには決まってるけど・・・


“初夜”という単語が思い浮かび、耳まで真っ赤になった。
でも・・・とパク・ハは思う。
そういう女性特有の身体のことを、臣下達に言えるわけがないではないか。
デリカシーが無さすぎる!とパク・ハは不満に思った。

「大事なことではないか。仮にも王世子の子を宿そうというのだ、万全を期して然るべきであろう?」

“子を宿す”イ・ガクのその言葉にパク・ハの顔色が変わる。

「・・・マンボに占わせる?」

「あれはあらゆることに精通しておるからな。そのぐらいやってのけるだろう。」

「・・・見届け役って・・・」

「尚宮がおらぬから、チサンにやらせる。あれは内官であるから、記録の残し方も心得て居よう。」


“子を宿す”ための行為の日を臣下に決めさせて、見届けさせ、記録に残す、とイ・ガクはそう言っているらしい。


パク・ハはわなわなと震え、拳を握ったかと思ったら・・・
イ・ガクのみぞおちめがけて、打ち込んだ!
うっ、と呻き声をあげて、イ・ガクはその身を半分に折る。

ゴホゴホと咳き込み、胸に手を当てて息を整え

「なっ・・・な・・何をするのだっ!」

パク・ハに向かって怒鳴り声をあげる。

「ばか!あんぽんたん!そんなこと人に言ってどうすんのよ!」

結婚式の日取りと言うのなら“初夜”ぐらいは連想させるかもしれない。
が、しかし、見届けさせ、記録を残す、など・・・パク・ハに受け入れられるはずもない。

「そういうのは二人だけの秘め事でしょ!」

「何を申す!王世子の子を孕ませるのに、ただやみくもに交わるという訳にはいかぬ!」

“孕む”とか“交わる”とか露骨な単語がイ・ガクの口から飛び出した。

「では、何か?そなたのこの時代では、子を孕ませるのに何の備えもなく、ただやみくみもに交わるのみだ、とでも申すのか!」

パク・ハは泣きたくなってきた。

「もう、止めてよ!そんな露骨な言葉!
愛し合う男女なら・・・お互いに気分が盛り上がって、そんな雰囲気になった時に・・・」

イ・ガクは間違いなく、自分を、愛している、と言ってくれたではないか。
パク・ハはその言葉を信じたい。

「互いに気分が盛り上がった時?」

パク・ハが、うんうんと頷く。

「愛し合う男女なら?」

更に深く、何度も頷く。

「・・・・」

イ・ガクはやおらパク・ハを抱きしめた。

「愛している。・・・そなたは、どうなのだ?」

「・・・愛してるわ。」

パク・ハがそう答えると、イ・ガクは深く口付け、彼女を押し倒した。

「ならば、やみくもに交わっても良いのだな?」

「・・・だから、そんな露骨な言葉、止めてよ。」


愛している


パク・ハを酔わせる甘美な言葉が、イ・ガクから発せられた。



__________

こんなピロー・トークって・・・

「愛しき者」(パス付)の続きな感じで・・・最後はまた「愛しき者」の最初に戻る、みたいな・・・
切なすぎたので、ちょっと笑いを。(何のサービスですかっ!)

ちょいと補足です。
朝鮮時代、王世子の“そういう”日(合房ハッパンと言いますが)
占いみたいなものにより(詳しくは調べてませんが)吉日が選ばれて設定されました。
吉日であっても、当人同士の体調が悪かったりすると、良い子ができないってことで、先延ばしにされたようです。
おまけに、簡単な仕切りの向こう側に尚宮が控えておりまして、見届け、記録を残したそうであります。

パク・ハでなくても受け入れられんわ!





にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
 ↖ ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


楽しんで頂けたら、拍手も合わせて、ぽちっとよろしくね~。

(ぶっちゃけ、少ないと凹むんですわ。ぽちっとされると創作意欲につながるので、ヨロシクお願いします!
 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
読み切りの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【【愛しき者】 UPしました。】へ
  • 【『ありちゃんの妄想RADIO♪』第4回】へ

~ Comment ~

NoTitle

ありちゃんさん、こんばんは~。

「愛しき者」の切なさからの見事な切り替えし!
みぞおちにグーパンチですか(笑)
でも“孕む”とか“交わる”、更には「見届け役」とか、これはイ・ガクが悪い(笑)

「見届け役」なんて、パク・ハじゃなくてもありえませんよね(^-^;
でも、こういう習慣ってどこの国でも昔はあったって聞いたことあります。
女性としては、絶対に嫌ですよねぇ・・
でも最後は甘い言葉が出たようですし、また2人は甘い時間を過ごしたのでしょうね。

ありちゃんさんの創作意欲が向上して更新が増えるのでしたら、私、毎日、ぽちぽちとしつこいくらいに連打しちゃいますよ~(*^^)v

ポチポチします

大好きなイ・ガクのお話をありがとうございます。外にいつも人が控えてるのが当たり前の世界。プライバシーもあったもんじゃないですが、慣れって怖いですね。
ありちゃんが喜ばれるのなら、ポチポチ頑張りますよ♪

Re: 瑞月さまへ

瑞月さま

いやぁ、いつのコメントへのお返事ですか!って感じで申し訳ありません。<m(__)m>
決して忘れていたわけでは・・・(いや、忘れてました。汗)

> 「愛しき者」の切なさからの見事な切り替えし!
> みぞおちにグーパンチですか(笑)

チョハでなくても、痛い!

> 「見届け役」なんて、パク・ハじゃなくてもありえませんよね(^-^;

ホント、ありえないですよね。(-_-;)

> でも、こういう習慣ってどこの国でも昔はあったって聞いたことあります。
> 女性としては、絶対に嫌ですよねぇ・・

そうなんですよね。一説には、それで正妃(正妻)以外の女性との逢瀬が多くなるとかならないとか・・・。
ま、でも、男性はそういうのが好きな方もいそうです。(笑)

> ありちゃんさんの創作意欲が向上して更新が増えるのでしたら、私、毎日、ぽちぽちとしつこいくらいに連打しちゃいますよ~(*^^)v

ありがとうございま~す!
連打のあまりマウスが壊れないことをお祈りしてます。(笑)

Re: ふにゃん様へ

ふにゃん様

あまりにも遅いお返事で申し訳ないです。<m(__)m>

> 大好きなイ・ガクのお話をありがとうございます。

急にイ・ガクが下りてきまして・・・

> 外にいつも人が控えてるのが当たり前の世界。プライバシーもあったもんじゃないですが、慣れって怖いですね。

全くです。現代風に順応してもらうしかありません。
(でも、順応力は高かったですよね。笑)


> ありちゃんが喜ばれるのなら、ポチポチ頑張りますよ♪

ありがとうございます。お手数掛けてスミマセン。
でも、そのお気持ちがとっても嬉しいです。<m(__)m>
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【【愛しき者】 UPしました。】へ
  • 【『ありちゃんの妄想RADIO♪』第4回】へ