FX

「長編」
一年で一番甘い日

一年で一番甘い日 4

 ←一年で一番甘い日 3 →夫婦円満の秘訣 2
イ・ガクはヨンスルをギロリと睨みつけ、瞬間、ヨンスルはその場に平伏した。
王世子が歩み寄り、ヨンスルはそのままの姿勢で後ずさる。

パク・ハを見下ろし、二人で何をしておる、と低い声で囁いた。

「チョハ、パク・ハ殿は何も・・・」

ヨンスルがおずおずと頭を上げようとした。

「そちには訊いておらぬ!」

主君に撥ねつけられては引き下がるしかない。ヨンスルは再び頭を下げた。

「何って・・・話をしてただけでしょ?・・・ヨンスルさん、ソファに座ってよ。」

「・・・ヨンスラ、出て行け。」

ははっ、とヨンスルは立ち上がったが、その手をパク・ハが掴んだ。

「出て行く必要はないわよ。」

ヨンスルは狼狽え、チサンとマンボもはらはらと見ている。
臣下達は気が気でなかった。王世子が爆発するのは必至。

「ヨンスル!」

「パク・ハ殿、失礼!」

ヨンスルはパク・ハの手を振り払い、その場を後にした。


パク・ハは立ち上がり、イ・ガクを睨みつけた。

「何よ!ヨンスルさんが何をしたって言うの!」

「・・・何かしておれば、死罪だ。」

パク・ハは、思わず絶句する。

「な、何を不機嫌にしてるかは知らないけどね!
そう簡単に死罪にされてたまるもんですか!」

このままでは、また、つまらない喧嘩になってしまう。
パク・ハも分かってはいるが、どうにも気が治まらない。

「・・・分からぬのか?」

イ・ガクは意外にも静かに言った。

「・・・何がっ!」

「分からぬのなら、仕方がない。・・・もっと、身を慎め。そなたは・・・」

「何よ!」

イ・ガクの様子がいつもと違う。でも、パク・ハは意地を張り通した。

「そなたは・・・時代が時代なら、いずれ後宮に上がる身。・・・慎むがよい。」


・・・後宮って。


イ・ガクは不意にパク・ハの腰に手を廻し引き寄せた。

「臣下と言えども、男だ。・・・特に、ヨンスルはそなたのことを、好いておろう。」

イ・ガクの真っ直ぐな瞳が、なんだか怖かった。思わず目を逸らしてしまう。

「ヨンスルさんは、そんな人じゃないわよ。」

「そなたは、男を知らぬのだ。」

パク・ハは逸らした視線をイ・ガクに戻して、唇を尖らせた。

「あんただって、女心を分かってないじゃない。」

イ・ガクは訝しむように眉根を寄せる。そしてパク・ハの唇に自分のそれを重ねた。


リビングの入口付近で様子を見ていた臣下三人は、咄嗟に二人に背を向けて、拍子抜けしたように目配せし合う。
聞き耳だけはしっかり立てていた。


長いキスの後、パク・ハが囁いた。

「・・・チョコ、もう、食べないでよ。」

「何故だ?」

「・・・虫歯になっちゃう。」

「・・・それだけか?」

イ・ガクの言い方には何か含みがある。

「・・・キスしたら、うつっちゃうじゃない。」

やっぱり素直には言えなかった。
イ・ガクはふふんと鼻で笑う。
なんとも小憎らしいが、その表情もパク・ハは好きなのだ。

「王世子と分かち合えるのだ。喜ぶがよい。」

無茶苦茶な論理である。パク・ハは思わず吹き出した。

「何よ!それっ!」

「チョコレートはもうない。」

「え!全部食べちゃったの!」

「・・・馬鹿を申すな。」

イ・ガクは憤慨したようにそう言って、パク・ハを覗き込む。

「『義理チョコ』故、民に施してやったのだ。」

「え?」

パク・ハは目を見開く。王世子の口から『義理チョコ』などと言う言葉が出て来るとは思わなかったのだ。

「そなた、どういうつもりだ?何故、私にチョコレートを寄こさなかった。
女人が日頃の感謝を込めて、主君にチョコレートを贈るのであろう?」

何故か『義理チョコ』だけ理解しているらしい。

「・・・チョコレートケーキを焼いたじゃない。」

「分からぬのか!」

イ・ガクがいらいらと声を荒げた。

「意地を張るのは止めぬか!」

パク・ハはびくっと身を震わせた。

「そなたは!何故そうなのだ!何故私に楯突く?」

イ・ガクは荒っぽいと言える仕草で彼女を掻き抱いた。

「・・・私のことを、好いておろう?違うのか?」

パク・ハはイ・ガクの胸の中で目を閉じた。その頭をぐりぐりと彼の胸に押し付ける。

「あんぽんたん。好きに決まってるでしょ!」

イ・ガクはパク・ハの両肩を掴むと自らの胸から引き剥がした。
その荒っぽさに、パク・ハはきゃっと小さく叫ぶ。
イ・ガクは構うことなくその勢いのままパク・ハに口づけた。

「『義理』ではないチョコレートがあるであろう?」

イ・ガクは『本命チョコ』も知っている?


臣下三人は、ほーっと肩の力を抜いた。
何と言うか・・・ホッとしたら怒りが込み上げてくる。

「放っておきましょう。」

マンボが唇を歪めた。

「そうだな、最初から勝手にさせておけば良かったんだ。」

チサンが両掌を上に向けて肩を竦めてみせた。

「・・・私はどうなるのだ?」

ヨンスルが不満気に囁いた。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村


振り廻されてる臣下がかわいそう。(^_^;)

それにしても、お話の展開が当初の予定と変わって来ていて・・・うまく着地させられんのか?(-_-)
若干焦ってる作者に応援クリックをヨロシク!



 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
一年で一番甘い日の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【一年で一番甘い日 3】へ
  • 【夫婦円満の秘訣 2】へ

~ Comment ~

NoTitle

ありちゃんさん、こんにちは~。

>お話の展開が当初の予定と変わって来ていて

ふっふっふ・・。
これぞ二次創作「あるある」!
ありちゃんさん、きっとイ・ガクに書かされてるんですよ(笑)
気の向くまま(イ・ガクに操られたまま?)書くのもまた一興(笑)
続き、楽しみにしてま~す!

Re: 瑞月さまへ

瑞月さま

こんにちは~。

> ふっふっふ・・。
> これぞ二次創作「あるある」!
> ありちゃんさん、きっとイ・ガクに書かされてるんですよ(笑)

あ、やっぱり?(笑)
もうね、あれ、こんなはずじゃ・・・って感じで
臣下3人組じゃないけど、勝手にして、って感じです。(^_^;)

> 気の向くまま(イ・ガクに操られたまま?)書くのもまた一興(笑)

イ・ガクは何を考えてるんでしょうね。

> 続き、楽しみにしてま~す!

誰かが書いてくれるのなら、私も楽しみにしてます。(笑)

いつもありがとうございます!m(__)m
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【一年で一番甘い日 3】へ
  • 【夫婦円満の秘訣 2】へ