FX

「長編」
夫婦円満の秘訣

夫婦円満の秘訣 3

 ←「小話ボタン」の小話を更新しました。 →夫婦円満の秘訣 4
パッカが泣きじゃくっている。
僕の腕の中で。

身を固くして・・・。
僕から逃れたいような素振りも見せるけど、僕はそれを許さなかった。
とにかく腕に力を入れて、彼女を抱きしめる。

そう、いつだって、そうすればパッカは落ち着く。

・・・筈だった。
だけど
何かが違った。

おとなしくはなったんだ。泣くじゃくるって感じでもなくなった。

『あんぽんたん』って言いながら、涙を溜めこんだままの目で笑って口を尖らせて・・・そうしたら、僕がキスをして・・・


どうして、今日はそうならない?


正直、どうしていいのか分からなくて、そのままパッカを抱きすくめていたんだ。

「テヨンさん、苦しい。」

「あ、ごめん。」

僕は腕の力を緩めた。
パッカは僕を見上げて、深呼吸をすると僕の腕から抜け出し、ソファに座り直した。

「・・・とにかく、話し合いましょう?」

「あ、うん。」

きちんと話す場は持ちたかった。だけど・・・何か、雰囲気が・・・。

「テヨンさん、正直に言うわ。」

「うん。」

「・・・私、そう言うの・・・許せない。」

え?
あ・・・やっぱり、オフィスでとかは・・・そうか・・・そうだよな。

「あんな、映像みたいなこと!」

パッカは何も映っていないテレビ画面を睨みつけながら、そう言った。

「・・・ごめん。」

やっぱり、普通に寝室のベッドで?
リビングで受け入れてくれもするし・・・家ならOKってことだろうか?

「・・・どこでなら、いいかな?」

ものは試しと訊いてみる。

家の中とか、あまりにも普通で・・・たまには、雰囲気、変えたい時もあるんだけど、な。
場所が変わると燃えるってこともあるし・・・

「・・・どこでって・・・どういうこと?」

え?・・・いや、だから、雰囲気、変えて・・・

「そういう問題じゃないでしょう?」

「え?・・・じゃあ、どういう問題?」

「『そういうことをすること』自体が許せない!ってことよ。言わなきゃ分かんない?」

パッカはいらいらと言った。

「・・・どういうことだよ?」

僕も、思わずカチンときた。

僕と、そういうことすること自体が許せない?

今、そう言ったのか?

「『そういうこと』ってどういうことだよ?」

「え?・・・だから、さっきの映像みたいな・・・」

「セックスする、ことか?」

パッカは瞳を大きく見開いた。

「・・・そうよ。」

僕とセックスしたくない?

頭をハンマーで殴りつけられたような気がした。

「本気で言ってるのか?」

「当たり前じゃない。」

じゃあ

じゃあ、なんで僕と結婚したんだよ!
婚前交渉も当たり前の今の時代に・・・
僕は、プロポーズするまではと待って・・・

「・・・テヨンさんは、したいの?」

「・・・当たり前だろ!」

語気も荒くそう言ってやった。
途端に、パッカの瞳に涙が溜まっていく。

どういうことだ?
泣くほど、イヤだったのか?
泣くほど、イヤなのか?

どうすればいいんだ。
どうしろって言うんだよ!

パッカと一緒にいたくて
一緒にいれば手を握りたくて
手を握ればキスがしたくて
キスすれば、当然・・・

僕は拳を握りしめていた。

夫婦円満だって?
笑わせるな!

パッカの肩を掴み、そのままソファの背もたれに押し付けた。

「きゃあっ!」

荒々しくキスをして、身体を使って圧し掛かる。

「・・・どうしてなんだ?」

どうしてだよ?パッカ!
僕を愛してるんじゃないのか?

「僕のことが、嫌いなのか?」

パッカは怯えたような表情のまま、僕を見返している。
涙がいっぱいの瞳で。

「答えろ!」

嫌いだ、とそう言われるのが怖くて、僕は彼女の口を塞いだ。

吐息を奪われて、パッカは苦しそうに喘いだ。
彼女は僕の背中に拳をぶつけてくる。
パッカにしてみれば、ありたっけの力で殴りつけているつもりなのだろう。
でも、女の力でどんなに両手を振り上げても、僕には痛くも、痒くもない。
だんだん彼女の力が弱まってきたところで、僕は唇を離した。

パッカは強気に睨み付けてくる。

「あんぽんたん!・・・あんたなんか!」

パッカは息を整えて、大きく深呼吸をした。

「大嫌いよ!」

決定的なことを叫ばれて、僕はうなだれるしかなかった。

「私が・・・私が!どんなに、愛しているか知らないくせに!」

え?

「テヨンさんを、どんなに愛してんのか、分かんないくせに!」

僕は思わず顔を上げる。
パッカは瞳に涙をいっぱい溜めて、僕を睨みつけていた。

「別れてやる!他の女とどっか行っちゃえ!」

そう言って、パッカはわぁっと泣き叫んだ。




___________

すみません・・・方向性、全然変わって来ました。
タイトルに沿って着地をさせる自信が無くなって来ました。

テヨンのせいです。
テヨンが悪いんです。
こんなに愛されてんのに・・・

あんたなんか、他の女とどっか行っちゃえ!



と言うわけで、テヨン苛めます。


もう、どんどん苛めちゃって!と思われる方はクリックして応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

爽やかじゃねぇか!コンニャロ!




 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
夫婦円満の秘訣の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【「小話ボタン」の小話を更新しました。】へ
  • 【夫婦円満の秘訣 4】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「小話ボタン」の小話を更新しました。】へ
  • 【夫婦円満の秘訣 4】へ