FX

「ユチョン応援☆妄想祭り」
同じ空の下

苦行

 ←訪問してほしいサイト様 →責任
僕は、玄関の前で深呼吸をした。
これから、苦行が待っている。

「ただいま。」

靴を脱いで、リビングへ。

「おかえりなさい。」

パッカが、キッチンからひょいと顔を覗かせて、にっこりと笑う。
すぐに僕の傍に来て、いつものように出迎えてくれた。

白いほっそりとした腕が、僕の首に絡みつく。


でも・・・


「今日はただいまのキスはできないんだ。」

苦行の始まり。

「どうしたの?」

「どうも・・・風邪をひいたらしい。
食欲もなくて・・・。」

パッカの腕が解けた。

「大変!
何か少しでも口に入れないと・・・。
冷凍スープがあるわ。すぐに温めてあげる。」

彼女はキッチンに戻りかけて、僕を振り返った。

「部屋で休んでて。」

ちゃんと用意してくれている食事に手をつけられなくなったのに、彼女は一言の文句も言わずに、かいがいしく世話を焼こうとする。

「いや、ダイニングで食べるよ。」

「大丈夫?」

「ああ。」

部屋に運ばせるなんて・・・。

「・・・明日の仕事は絶対に休めないし、薬を飲んでさっさと寝るよ。」

「うん。」

「パッカにうつすといけないから・・・」

自分自身に言い聞かせるように、そう言ったんだ。

「今日は別々の部屋で寝よう。」

本格的な、苦行の始まり。



◇◇◇



冷たいシーツに、一人でもぐりこむ。

体は辛いのに眠れない。

何度か寝返りを繰り返した時、部屋のドアが静かに開く音がした。

パッカ・・・来ちゃだめだ。

「今夜は一人にしておいてくれないか?
今、苦行に耐えてるところだから・・・。」

僕は枕に顔を押し付けた。

「苦行?」

「パッカにうつしちゃいけないから・・・
今夜は君に触れない。
この上ない苦行だろ?」

パッカはくすりと笑ったかと思ったら、僕の警告を無視して、ベッドの端っこに座った。

「それは・・・大変な苦行ね。」

人の気も知らないで、彼女が更に笑う。

僕が君に触れられないことが、どんなに辛いのか分からないんだ!

そんな思いを知ってか知らずか、パッカが僕を覗き込む。

「私はそんなに簡単に風邪ひかないわ。頑丈なのよ?
ずっと余裕のない生活をしてきて、寝込んでる暇なんてなかったの。」

・・・ごめんよ。
甘やかされて育った、やわなお坊ちゃんで。

心の中で自分自身に悪態をつく。

「それでも、体調を崩した時もあってね。
もし、このまま死んじゃっても誰も気づいてくれないんだ。
私は一人ぼっちなんだ。
そう思ったら、すごく寂しくなって・・・
布団をかぶって情けないほどに泣いたの。」

パッカは、身体を起こした。

「だから・・・
今、一人じゃないってことがとても幸せなの。
大事な人を、看病してあげられることが・・・
本当に嬉しいの。」

僕も思わず、起き上がる。

パッカは穏やかに微笑んでいた。

「パッカ、お願いがあるんだけど。」

「なあに?」

「僕が眠るまで・・・
手を握っててくれないか?」

彼女は嬉しそうに笑って、手を伸ばしてきた。

「お易いご用よ。だから、横になって。」

指と指を絡め合って、ぎゅっと握る。
そのまま身体を横たえた。


僕の苦行は、あっけなく終わってしまった。


やわな男で構わない。
今は、彼女に甘えたい。


「明日の朝は、
とびきり美味しいお粥をつくってあげる。」


パッカの手は小さいけれど
僕の手の方が大きなはずなのだけれど

彼女の手は僕の手を優しく包みこんでいる。
彼女の温もりが、手の先から心の奥まで伝わってくる。


彼女の存在は、どんな薬よりもよく効く。
僕の万能薬。


苦行なんて無意味だった。
自分自身の修行にもならなければ、パッカの為にすらなってない。

やわな男で結構だ!
パッカが喜ぶなら、それでいい!

看病させても喜んでくれて・・・
元気になれば、もっと喜んでくれるに違いない。


僕は、そうやって・・・
君に甘えて生きていくんだろうな。


ありがとう。パッカ。

「明日のお粥、楽しみにしてるよ。」

彼女の手を握り締め、目を閉じた。


僕は、安心感と幸福感の中で、彼女の温もりを独り占めする。


遠のく意識の向こうで・・・
彼女の唇が、僕の額に触れるのを感じていた。







修行の足らないテヨンを叱咤激励!クリックで応援してください。
↓↓↓

にほんブログ村





 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
同じ空の下の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【訪問してほしいサイト様】へ
  • 【責任】へ

~ Comment ~

ミ**様へ (6/2 拍手コメント分)

ミ**さま

いつもお気遣いありがとうございます。
通院は、確かに、その行動が億劫ですね。(汗)
生活してれば嫌でも目を使うわけですし・・・

今は、どちらかと言うと、眼自体の状況がどうのと言うよりは、
仕事とか、地域のこととか、そんなんで忙しい感じで・・・
本人はいたって元気です。(笑)

明日6/4はユチョンの誕生日!
私も、ささやかながら準備はしております。(*^。^*)
またぜひお越しくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【訪問してほしいサイト様】へ
  • 【責任】へ