FX

「ユチョン応援☆妄想祭り」
七夕

칠석(チルソク)-七夕

 ←安否確認 →拍手コメント、コメント(7/7~7/10)へのお返事です。
宮殿内は七夕チルソクの準備で慌しい。

水刺間スラッカンでは、ミルジョンビョン(小麦粉で作ったせんべい)を作ったり、供え物のヘックァイル(季節の果物)を準備したり、
宮女クンニョたちは大忙しで働いている。

忙しく立ち働く人々の間を、さらに忙しく動き回っている宮女が一人いた。

いや、宮女ではない。
王世子付きの内官、ト・チサンである。
宮女の装束を身に纏ったその姿は、彼女らよりも可愛らしいぐらいであった。

チサンは、こっそりと、小さな包みを宮女たちに次から次へと手渡して行く。
それを受け取った彼女たちもまた、それとは別の包みをチサンに渡し返していた。
皆、一様に、ほんの一瞬だけ微笑みを浮かべると、素知らぬ顔でまた持ち場へと戻って行く。


チサンは水刺間を出て、人気のない木陰に腰をおろした。

これで、全部渡し終えたかな?

手元に残っている包みの数と、受け取った包みの数を確認する。
受け取った包みを開けば、その中身は金子である。

一 、 二 、 三 ハナ  テゥル  セッ)>) ・・・

真剣な顔で数えていると、急に手許が暗くなった。
咄嗟に、手に握っていた金子を袖の袂に仕舞い込む。

「商売繁盛だな。」

!! 
この声は、まさか・・・

恐る恐る顔を上げれば、主君である王世子イ・ガクが、自分を見下ろしているではないか!

「チョ、チョハ!」

チサンは慌てて立ち上がった。
その拍子に、売り物の包みがばらばらと足許に落ちて散らばる。

「その包みは何だ?」

「チョ、チョハ・・・このような所で・・・
如何なさいました?」

イ・ガクは片方の眉を上げる。

「私の問いに応えよ。その包みは何か、と訊いておる。」

イ・ガクは穏やかにそう言ったが、王世子に問い詰められたのでは流石のチサンも誤魔化せはしない。

「こ、これは銀杏イチョウの種にございます。」

「ほう、銀杏。・・・して、何に使うのだ?
そのようないでたちで宮女の振りまでして・・・ほとんどの宮女に渡しておったようだな。」

イ・ガクは半ば呆れたように、更に問いかける。

「・・・チョハ。ご覧になられていたのでございますか?」

一部始終を見られていたとは・・・。

イ・ガクは腰を屈め、チサンの足許に散らばっていた包みの一つを拾い上げた。

「私の分はないのか?」

「・・・これは、チョハがお使いになるようなものではございません。」

イ・ガクはチサンをじっと見た。

「そちは、承恩尚宮スンウンサングンにでもなるつもりか?」

からかう様にそう言ったが、イ・ガクは不意に真顔になる。

「・・・私には、贈る相手がいないからか?」

「えっ!?」

七夕チルソクには永遠の愛を誓って、愛しい人と銀杏の種を贈り合うのであろう?」

「・・・ご存知だったのですね。」

「王の女人と言いながら・・・
宮女たちは、それぞれに想う相手に贈るのだな。」

彼女らを責める風でもなくそう言って、口許を綻ばせた。

牽牛キョヌ織女ジッニョが、一年にただ一度しか会えぬとは、なんとも可哀想だと思っていたが・・・
今の私には・・・
ただの・・・ただの一年だけ待てば会えるのか、と羨ましくさえある。」

「チョハ・・・。」

チサンの目に涙が滲む。

「何故そちが泣くのだ?
私は、あふれる涙が川になってしまうのではないかと思うほどであった。
そちまで泣くと、天川が溢れて牽牛と織女が会えなくなってしまうぞ。」

イ・ガクは薄く笑って、片目を瞑って見せた。
朝鮮に戻ってからは見せることのなかった、ヨン・テヨンの顔。

「今日は、宮女たちの想いが通じるよう、一緒に祈ってやろう。」


湿り気を帯びた空気が辺りを漂う。
七夕の今夜は雨が降るだろう。

牽牛と織女。
一年にたった一度の逢瀬に、喜び流すその涙。

翌朝には、別れを惜しんだ二人がまた涙を流すと言う。


「今宵は雨が降るだろう。」

独り言のようにそう呟き、イ・ガクは寂しそうに笑った。


今宵は、美しく、優しい雨が降るだろう。



その夜、イ・ガクは独り芙蓉池のほとりに佇んでいた。
水面には蓮の花。
夜も更けて、花々は閉じてしまっていたが、空には星々が輝く。

握っていた掌を開き、銀杏イチョウの種を見る。

昼間にチサンから譲り受けた銀杏。


想い人と贈り合うのだそうだ。
この銀杏に私の真心を込めて、そなたに贈ろう。


銀杏を、一粒そっと池に投げ入れた。
ポチャンと小さな音をたてて、水面には波紋が広がる。
一つ、また一つ。
つまみ上げては池に投げ入れていった。
真心の種はゆっくりと池に沈んでいく。


そなたから、贈ってもらえぬのを寂しく思うぞ。

・・・だが、もう既に
そなたは総てを私に捧げ尽くした。

私が、そなたの世に行った時には・・・
私を責めるがよい。
私から総てを奪ってしまうがよい。

もう十分だと、そなたなら申すであろうか・・・。


潤んだ瞳で夜空を見上げたイ・ガクの頬に、ぽつりと小さな雨粒が当たった。


牽牛と織女の、一年にたった一度の逢瀬の夜。
二人が流す喜びのその涙。


夜の芙蓉池に、雨粒の作る波紋がいくつも重なり合っていた。


___________

水刺間スラッカン―――王族の食事を作る部署、要するに台所
承恩尚宮スンウンサングン―――王と同衾した女官、要するに王の手のついた女官をそう呼んだ   チサンの女装はそれほど可愛かったんですね。(笑)

韓国の七夕は陰暦でお祝いします。(8月の下旬になり、今年は8/28です。)
日本では雨が降ると二人が会えない!と嘆きますが、
韓国では会えた時の喜びの涙として、むしろ雨を願うそうです。
翌朝も降れば、別れを惜しんでいるのだとか。

銀杏を贈り合うのは昔の風習で、現代では恋人に限らず、家族でも贈り物をし合うのだとか。
イ・ガクの頃に宮中行事があったのかは知りませんが、永遠の愛の妄想を皆様にお贈りします。


チョハから銀杏をもらいたい!な方はクリック!
↓↓↓

にほんブログ村

 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
七夕の関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【安否確認】へ
  • 【拍手コメント、コメント(7/7~7/10)へのお返事です。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

七夕

ありちゃんさん、こんにちは~。

切なくも美しいお話をありがとうございます。
きっと、パッカも星空を見上げ、イ・ガクのことを想っているのでしょうね。
イベントの時って、普段よりも色々と考えてしまいますよね。
隣にあの人がいたら、って感じで。
時空を超えても、相手を思う気持ちは届くはず!

七夕の日に相応しい、素敵なお話をありがとうございました。
(九州の雨も、どうかおさまりますように)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【安否確認】へ
  • 【拍手コメント、コメント(7/7~7/10)へのお返事です。】へ