FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 3

 ←野望 →拍手コメントへのお礼
テヨンは、デスクに着いたまま両腕を高く揚げてうーんと伸びをした。

本部長の辞令を受けたからと言って特に何も変わらない。
彼自身は、役職に興味もなければ、昇進を望んでいるわけでもない。・・・それを望んでいる人物も多いというのに。
もちろん仕事に対する面白味も感じてはいたし、実績を上げれば達成感もある。

ああ、でもパッカには知らせよう。

彼にとっては想い人に提供する話題ができて、それが嬉しいばかりなのだ。


南山公園で初めて会った日、いや、再会した日というべきか。
そのつもりはなかったのに、いきなり「好きだ」とパク・ハに告げた。
彼女は何も言わずにただ涙を流した。テヨンはそんな彼女の頬に優しくキスをした。
パク・ハはテヨンの告白に返事をしなかった。

テヨンが手を握っても、頬にキスをしても嫌がらなかった。

嫌いではないと言うことだ、とテヨンは自分を勇気づける。
いや、むしろ好きだろう?・・・何といっても僕は彼にそっくりだからな。そう思い至ると溜息が出た。

おばあ様を大切にしてくれた。
会社を守ってくれた。
結果的にテム従兄さんを救ってくれた、とも言える。

イ・ガクに頭が上がらない。そんな風に一生思っていかなければならないのだろうか。

彼に直接思いをぶつけることができたとしたなら、感謝は感謝として伝えることができたとしたなら、男として一人の女性を争ったとて何の憂いがあるだろうか。

彼女の心の中にはイ・ガクがいるに違いない。
よりによって、大恩あるイ・ガクが、だ。
よりにもよって、自分そっくりのイ・ガクが、だ。

彼が姿を現さないということが、自分に似ているということが、総てをややこしくしている。
そう思ってイ・ガクのせいにしてみても、責任転嫁に過ぎないことをテヨンは知っている。

パク・ハが自分を好いてくれるかどうかなどということは、彼女次第なのだ。

待つしかない。

テヨンはまた溜息をついた。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ガラスをこつこつとノックする音がした。
閉店時間を過ぎメインライトが消された店内で、片付けと明日への簡単な準備をしていたパク・ハは音のする方を見た。
テヨンが手を振っている。

開・い・て・る。

パク・ハは声には出さずに口だけを動かしてドアの方を指差した。

カランと鐘が鳴って、テヨンがするりと入って来る。

「テヨンさん。お疲れさま。」

手は忙しく動かしながら、パク・ハはにこっと笑った。

リンゴジュースでいい?と訊く彼女に、今日はいいよ、とテヨンは答えた。

あれから、テヨンは仕事が終わると、三日と置かずにパク・ハの店を訪れている。
リンゴジュースを飲みながら店終いするまで待つこともあったし、今日みたいに片付けをしながらパク・ハの方が待っていることもあった。
その後は食事に行くこともあったし、そのまま店でしゃべっているだけのこともあった。
テヨンが、パク・ハを屋根部屋の下まで送っていって、明日は出張だとか、何時に退社できそうだとか伝えると車を降りて階段を上っていく。

恋人だと言っても差支えなさそうであったが、テヨンは、はっきりそう言い切れない釈然としない思いを持て余し気味だ。


今日は近くの食堂で一緒に食事をした。
テヨンは大会社の御曹司であるし、そうでなくても同年代の青年よりもずっと稼いでいる。
お洒落なレストランにパク・ハを連れて行ったりもしたが、気軽な食堂の方がよりパク・ハの笑顔を見られる気がした。


コーヒーでも飲もうか、と言って小さいけれど洒落た喫茶店に入った。

メニューを一通り眺めて、決まった?とテヨンがパク・ハに尋ね、彼女が頷くと店員を呼んだ。

テヨンに促され先にパク・ハが注文する。

「カプチーノを。」

「僕は、ウインナコーヒー。」

注文を復唱すると、店員はお待ちくださいと言ってその場を離れた。

パク・ハがテヨンをじっと見ている。

「何?」

「テヨンさんは、ブラックしか飲まないのかと思ってたから・・・。」

テヨンはいたずらっぽく笑うと、身を乗り出すようにしたので、向かいに座るパク・ハも思わずテヨンに顔を近づけた。
きょろきょろと周りを確認してから、テヨンはパク・ハの耳元で囁く。

「ここだけの話だけどね、実はホイップクリームたっぷりのウインナコーヒーが大好きなんだ。」

座り直すと、人差し指を唇の前で立てて、他の人には内緒だ、とテヨンが笑う。
気分が好いときはこういう喫茶店でウインナコーヒーを頼むようにしている、と片目を瞑って見せた。

私が飲むのは気分を好くしたいとき、逆ね、とパク・ハは思った。

でも、ホイップクリームが大好きだなんて・・・。

パク・ハは我知らず笑みを浮かべる。


店員がコーヒーを運んで来た。


「今日はご褒美だ、昇進したからね。」

「え?そうなの?・・・おめでとう。」

パク・ハは両手を合わせて喜んだ。

「めでたくもないよ。責任を押しつけられただけだから。・・・まあ、でも、こうしてパッカとウインナコーヒーを飲む口実にはなったな。」

テヨンはホイップクリームを舌先で舐めとると、うん、甘い、と言って微笑んだ。


↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【野望】へ
  • 【拍手コメントへのお礼】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【野望】へ
  • 【拍手コメントへのお礼】へ