FX

「長編」
生まれ変わっても

生まれ変わっても 4

 ←これは私信です。 →生まれ変わっても 5
テヨンは時計を見た。
少し寄り道しても大丈夫だろうと踏んでハンドルを切る。


パク・ハの店を覗くと、何人かの客がいた。

パク・ハはにこやかに応対し、客もジュースを待ちながら楽しげに何か話している。
パク・ハはよく笑うようになった。元々明るくて溌剌としていた彼女だ。
味の評判も悪くなかったところに彼女の魅力が加わって、客も増えてきていた。

常連らしい一人の客がずっとパク・ハと話し込んでいる。
テヨンからは死角になって、女性であること以外にはどんな客かはよく分からなかったが、他の客が立ち去っても彼女だけはそこにいた。

テヨンがドアを押すと、いつものようにカランと音がした。
足を一歩踏み入れたところで立ち止まり、眉根を寄せる。

いらっしゃいませ、とパク・ハが元気に声をかけた。

「あら、テヨンさん」

そう呼び掛ける彼女の声に、聞きなれた声が重なって、やはり彼の名を呼んだ。

「なあに、テヨン。仕事中じゃないの?」

振り向いたのは、テヨンの大叔母のヨン・ソリだった。
テヨンはしまった、と思ったがもう遅い。諦めてパク・ハのいるカウンターまで進んだ。

「会社に戻る途中だよ。大叔母様はジュースを買いに来たの?」

「他に何しに来るのよ?」

ソリの言葉にテヨンは微笑んだだけで、パッカの邪魔をしてたんでしょう、とは言わなかった。

「もう、帰るわ。・・・じゃあ、パッカ、土曜日の7時ね。」

「はい。ありがとうございました。」

パク・ハは明るい声でソリを見送った。

帰宅をすれば、面白がってからかってくるに違いない。テヨンは溜息を吐いた。
そんな彼を見て、パク・ハは彼がリンゴジュースと言う前にリンゴを手に取り、空いている方の手で指差すと、にっと笑って見せる。

「あ、うん。」

パッカの笑顔が増えた。テヨンの笑みもこぼれる。

「今夜は遅くなりそうだから、来れそうもないんだ。」

「そんなこと、電話かメールで良かったのに。」

パク・ハは、はい、とテヨンにジュースのカップを渡した。

「通り道だったし・・・顔が見たかったんだ。」

テヨンはストレートに愛情表現をする。パク・ハは微笑んだ。

「もう、行くけど・・・土曜の7時って何?」

「テヨンさんの昇進祝いをするそうよ。私も喚ばれたの。」

「は?そんなの聞いてないよ。」

そもそも、ソリに昇進の話などしていない。

「おば様も、聞いてないって怒ってたわよ。」

パク・ハは頭の上に指で角を作って、笑った。

「もしかして、パッカが言ったの?」

ええ、いけなかった?とパク・ハがかわいく舌を出したので、ああ、いけなかった、と言って彼は彼女の額に口づけた。

「・・・他に誰か、喚んでるって?」

「ピョ社長も喚ぶそうよ。」

やっぱり。

テヨンは納得顔で笑みを浮かべる。そして、カウンターに紙幣を置くと、じゃあ、と手を挙げた。
パク・ハは置かれた紙幣を返そうとしたが、テヨンはその手を押し返した。
いいのに、と口を尖らせるパク・ハの額にもう一度口づける。

「ん、もう。・・・ありがとうございましたっ。」

最後の"た "に力を込めてパク・ハが笑った。

彼はカウンターを離れた。


カランと鐘が鳴る。

テヨンが手を振りながら店の前を通り過ぎて行く。パク・ハもまた、手を振って彼を見送った。


自分は幸せだ、とパク・ハは思う。
テヨンは愛情表現を惜しまない。深く愛されていると思う。
好きだ、と口に出すし、かわいい、きれいだ、と褒めてもくれる。
額や頬に優しいキスもくれる。

テヨンに「好き」の一言が言えないのはなぜだろう。
彼の顔を見ると嬉しくて、触れられると嬉しくて、会えないと寂しくて、こんなにも大切だと思うのに。

自分もテヨンを愛しているのか、と自問してみたならば、分からない、というのが彼女の答えだった。

テヨンその人を愛しているのか、イ・ガクの面影を重ねているだけなのか。

面影を重ねるも何も、テヨンはイ・ガクに違いない。
しかし、テヨンの方が、パク・ハは自分を身代わりとして見ている、と思って遠慮しているように見えるから、そう思わせる自分が悪いのだ、とパク・ハもまた遠慮してしまう。

テヨンさんは身代わりなんかじゃない。
そう伝えたいのに、どう伝えていいのか分からない。

素直に「好き」と言えばいいだけなのに。


 【 お礼画像と、時々SS 掲載してます 

↓↓↓ランキングに参加中!ぽちっ と応援 ヨロシク!


↓↓↓ 更新通知を受け取れます。
  
生まれ変わってもの関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png 長編(連載中)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ 3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ 3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編(連載中)
もくじ  3kaku_s_L.png 短期連載中
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
総もくじ  3kaku_s_L.png 短話シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ユチョン応援☆妄想祭り
総もくじ  3kaku_s_L.png コラボレーション
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png お礼
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 限定記事
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類


 




  • 【これは私信です。】へ
  • 【生まれ変わっても 5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【これは私信です。】へ
  • 【生まれ変わっても 5】へ